2,483 views

 この記事へのコメント

  1. 船乗り より:

    昔から、度々不思議な感覚に襲われる事があるんです。うまく言葉にできないのですが、自分が生きていることに対しての衝撃や、畏れ、疑問に突然心を支配されるような感覚です。

    眠る前、ご飯を食べている時、何気ないものが目に入った時、友達と一緒に過ごしている時でも、多少。
    本当にふとした時に突然なるんです。

    自分に家族に友人、それに恋人がいること。
    今まで生きてきた記憶があること。
    そして、自分が身体という実態を伴っていることさえも。

    これが生きているということなのか
    と、実感せざるを得ないような衝撃。
    そして、怖くなるんです。
    この世に自分が世界に存在している事が。
    もっというと現世に「閉じ込められている」ような気がして、怖くなります。

    使命とかそうゆう生きている事を前提としたものではなく、
    「なんで生きているんだろう」って
    本当に素朴で根幹的な疑問が湧き上がってきたり。

    その感覚の長さなども本当にまちまちですが
    突発的なもので、しばらくするといつも通りの生活をしていて、それになんら疑いも抱かなくなります。

    見知った道を歩いていたりするときに
    あれ?こんなものあったっけ?
    って思う感覚に似ているかもしれません。

    特に弊害はないので、
    さほど気にはしてないのですが
    この感覚をずっと突き詰めていったとき
    その先に何があるのか、
    私は何に目覚めてしまうのか。
    考えると少し怖いです。

    同じ感覚になる人、いませんか?

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

簡易利用規約

NO IMAGE

よくある質問

投稿の注意点