288 views

5年付き合っている彼氏さんは、自営業をしている傍、

アマチュアミュージシャンで、県内外でたくさんステージに立っていました。

ファンもたくさん!

彼氏さんはど雨男で、野外ステージに彼が立つと、雨が降る…なんて事はしょっちゅうでした。

 

彼の趣味のキャンプで、雨率はなかなか高かったんですが、私は根っからの晴れ女。

二人でいると、雨率、晴率は五分五分に!

テンションが高い方の天気が勝つと言う現象が、多々続いていました。

 

そんな彼氏さんが、一昨年の1月に病気が見つかり、

闘病の末、同年の7月に天国へ逝ってしまいました。

 

私自身、仕事も辞め、人生のどん底を経験。

食欲・睡眠を体が拒絶し、50kgあった体重は39kgまで落ち、目も当てられない状態でした。

 

悲しみ、喪失感、残された苦しさ、先に逝ってしまった事への怒り。

全てのマイナス感情で支配された数ヶ月でした。

こんなに苦しいのに、夢にすら出て来てくれない。

なんで…?

でも、今は家族や友達の支えで、立ち直ることができました。

体重もほとんど戻りました。

 

一番きつい時、何もやる気がせず、天井や空ばかり見上げてる毎日の中で、

逢いたい想いが波のように押し寄せる時、雨が降ってることに気づいたんです。

 

動き出す第一歩として、彼氏さんが韓国へ一人旅に行った時、ゲストハウスで出会った日本人の方が、

ぜひ彼と一緒に来てね!と言ってくれていた沖縄へ、ひとり旅する事を決意!

 

昨年5月、彼氏さんとの写真を持って沖縄へ 降り立った沖縄の地は、土砂降り。

まぁ梅雨でしたけど…

沖縄でたくさんの出会いを頂いて、ずっと避けていたキャンプにも参加する機会が!

沖縄の離島でキャンプ!もちろん晴のちスコール!

ここまで来ると、きっと近くにいるんだろうなぁと、実感してきました。

 

それからも、一緒に行こうと行っていた場所にひとり旅で行こうとする度に、晴時々雨、で降っています。

気まぐれな彼氏さんなので、ずっとこの世に留まると言うより、

何かしようとするとチラッと見にきてくれてるのかなぁ〜と感じています。

 

雨が降る度、見守られてるなぁ〜と感じ、彼氏さんの分までしっかり幸せに生きていかなきゃと思うようになりました!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

前世のトラウマ 続

葬儀

窓を叩く傘

自販機

​嘘をついてはいけない

向こうの世界