453 views

足音

小学4年生の夏。
僕は宿題に追われていました。
なんたって今日は夏休み終了3日前。
何故もっと早く手を付けなかったのかと思いながら、 僕は宿題を進めていました。

始めて何時間経ったんでしょうか、
喉が渇いた僕は一階の台所へ麦茶を飲みに行きました。

宿題に嫌気がさしながら麦茶を飲んでいると突然、
「バタバタバタッ」「バタバタバタッ」と、
2階を駆け回る足音がしました。

徐に1階のリビングから母さんが出てきたと思ったら、 2階へ上がる階段の下から僕の名前を呼び、 「何走ってるの!静かにしなさい!」と叫びました。

僕は母さんの声に驚き、急いで階段へ向いました。
そして、階段下にいる母さんに
「僕、ここにいるけど・・・」と言いました。

その瞬間、2人して血の気が引くのがわかりました。

何故なら家には今、 僕と母さんの2人しか居ないのです。
そしてもう一つ、 僕は気づいている事を母さんに伝えました。
「足音、2人分あったよね」
母さんは何も言わずリビングに戻ってしまったので、
僕もビクビクしながら部屋に戻りました。

扉を開け部屋に入ると、 散らかった宿題、
部屋の隅に正座している着物の女性。

僕はいつもと変わらない部屋に安堵しました。
「さぁ、宿題するか」

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

うなずく霊

電卓

威厳の失墜

北門

​金縛り

おばさんの嘘