213 views

もう一回

私が小学二年生の時の話で未だに不思議だなって思ってる事があります。

私がいつものように朝学校に行く時に起こりました。

信号も横断歩道もない道を今なら渡れそうと思って渡ろうとしたら、トラックにひかれそうになり私はひかれるっと思って身動きが取れなくなり目をつぶりました。

目を開けると私は道を渡る前に戻っていました。

とっさに我にかえり今なら渡れるってまた思って渡りました。

トラックにはねられそうにはなったのですがその道路を渡りきれました。

まるでゲームのリセットボタンを押されてひかれる前に戻ったような感覚に近いです。

今だにあれは白昼夢だったのか、それともこの世界は本当はゲームの世界で死にそうになるとプレーヤーがリセットしてやり直してる世界なのではないかとたまに考えてしまいます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

実話伝承・広島の八岐大蛇伝説

テレビ電話

対向車

真夜中のウェーディング

間違い電話。