507 views

同居人 少女怪帰

※前回、狐現灯篭の続きです。前回を読まなくても、読めるようには書いております。

 その日は、降りそうで降らない、そんな執拗に曇った空が鬱陶しく感じる日だった。

「何だ……これ?」

そう言って紙袋から取り出した物は、何やら古い木造りの、部品のようなものだった。

汚らしい糸のようなものがいくつも巻きついている。

さきほど、処分したいと言って店に訪れた50代くらいの男が、買取を申し出てきた品だ。

所用があるとかで、明後日にまた店に来るから、査定結果は明後日でいいと言い残し、半ば強引に店を出て行った。

確認してみると、紙袋の中には古い書物が数冊程入っていたが、その他にも何やら小さなガラクタが混ざっていたのだ。

うちは古本屋なのだが。

「困るな」

ぼやきながらそれらを片付けていると、二階に住む同居人が降りてきた。

私と同い年でもある、地元の大学に通う大学生Sだ。

が、その顔はどこか浮かない面をしている。

「おはようってもう昼だけど。どうした?何かあった?」

俺が聞くと、Sはため息混じりに、

「教授のレポート作りを手伝うはめになったよ……こりゃ朝帰りだな」

と、ぼやきながら、肩を落とし店を後にした。

学生も大変だ。そう思いながら、俺は片づけを再開する事にした。

日も暮れ、夕飯と風呂を済ませた俺は特に何もする事もないまま、その日は早々と床に就いた。

何時間経っただろうか。

不意に、店先で何やら人の声がしたような気がし、俺は目を覚ました。

この辺りは泥棒や強盗などといった事件も少なく、あまり警戒心はなかったが、一応用心にこしたことはない。

近くにあった木作りのバットを手に持ち、店の出入り口に、忍び足で向かった。

やはり、誰かの声がする。

しかも女だ。幼い女の声。

こんな時間に女の子の客?

いくらこ辺には顔見知りが多いとは言え、さすがにこんな夜中に、店に訪れる女の子の知り合いなんていない。

閉じた雨戸越しに、外の声に耳を澄ます。

「返して、返して……」

消え入りそうな少女の声。

明らかにうちの店の前。この雨戸のすぐ目の前に、誰か居る。

鼓動が早くなる。自分を落ち着かせようと大きく息を吸い込もうとしたその時だった。

ドンッ!ドドンッ!!

突如雨戸が大きく揺れながら激しく叩かれた。

驚いた俺は手に持ったバットを手に持ち、雨戸を開け放った。

「な、何のようだ!!」

静まり返った深夜の夜空に、俺の怒声が虚しく響いた。

誰も居ない。

隠れている?

そう思い物陰なんかも見渡したが、誰も潜んではいなかった。

「何なんだ、今の……」

戸を閉め、店に戻ると、俺はバットを置き深いため息を尽いた。

Sのおかげで怪談めいた話は好きにはなったが、こんな思いをするのは、ごめん被りたい。

警察に電話しようか迷ったが、何だかどっと疲れた俺は、部屋に戻ると、そのまま布団に潜り込んだ。

「いやあ、昨日おかしなものを見たよ」

朝からご機嫌なSに起こされた俺は、久々にSの手作りの朝食に口をつけていた。

めざしに卵焼き、浅漬けとふのお味噌汁。

これぞ日本の朝食だと思いつつ、カーテンが開け放たれた外に目をやる。

残念ながら昨日と同じ空模様だ。

まあ特にでかける予定はないのだが。

「なあ、私の話、聞こえてるかい?」

今度は不機嫌そうな顔で俺を見てSが言った。

「あ、ああ、聞こえてるよ、何をみたって?」

聞き返すと、Sは持っていた御椀を置いて口を開いた。

「昨日、実は意外と早く帰る事ができてね、夜中なんだけど、家の前で、着物を着た女の子

を見たんだよ。声をかけようとしたけど、私に気付いたのか、すうっと、どこかに行ってしまった」

「女の子?」

俺はSの言う、女の子という言葉に大きく反応した。

「なんだい?何か心当たりでも?」

不思議そうに聞き返すSに、俺は昨晩の出来事を話した。

「返して、か……」

神妙な顔で思案するS。

部屋の中に重い空気が流れる。

「もしかして幽霊だったり?」

冗談っぽく言う俺に、Sが顔を上げてこちらを見た。

「う~ん、いや、あれは、幽霊でも、人でもないだろうね……」

「幽霊でも人でもない?」

何だ、謎かけか何かか?

混乱する俺を他所にSは、黙ったまま朝食を食べ終えると、

「今夜、ちょっと付き合ってくれ」

と言い残し、俺の返事も待たぬまま、自分の部屋へと戻っていった。

その後、夕刻に目を覚ましたSは俺に、

「最近、何か人から譲ってもらったり、預かったものはないか?」

と、聞いてきたので、昨日客から預かった紙袋を手渡した。

「もしかして曰くつきの本か?」

そう尋ねたが、Sは何も答えぬまま、それを持ってまた自分の部屋に戻ってしまった。

やがて、辺りは寝静まり、時計の針が午前2時を指し示そうとした時、Sが部屋から降りてきた。

「さて、行こうか」

居間でテレビを見て時間を潰していた俺にそう言うと、Sは押し黙り店の入り口付近へと向かった。

テレビを消し俺もSの後に続く。

「それで、何か分かったのか?」

雨戸の前に着くと、俺は我慢できずに聞いた。

「まあね。ただ……少し危険かも、しれない」

「えっ?危険何が?」

俺が聞き返した時だった。

「返して」

突如、雨戸の向こうから声が響いた。

昨晩のあの声、間違いない。

俺とSは互いに顔を見合せた。

いつにもなく互いに余裕のない顔をしている。

「返して!」

少女の語気が突如荒くなった。そして、

ドドンッ!

続けざまに雨戸が強く叩かれる。

「いいかA、私が合図をしたら、雨戸をお互いに両端から少しだけ開くんだ。少しだけだ!」

ビクリとする俺の肩をSは掴み、言い聞かせるようにそう言った。

「あ、ああ、分かった!」

何かよく分からなかったが、俺は言うとおりに雨戸に手を掛けた。

ドンドンドンドンドンッ!

「返せっ!返せっ!」

ドアを叩く音も少女の声も、その激しさは増すばかりだ。

が、その時だった。

「今だA!開けるんだ!」

無我夢中だった。言われるがまま、俺は少しだけ雨戸を開いた。掴んだ手に力を込める。

瞬間、

ズッ!

手だ。細く、小さな手が、少しだけ開いた雨戸の隙間からにゅっと入ってきた。

そして、

バタバタバタッ!

と、狂ったように暴れだしたのだ。

凄い力だった。掴んでいた雨戸が押し返されそうになる。

「お前が探していたのはこれだ、持っていけ!」

Sは叫びながら、昨日、俺が客から預かった紙袋の中から、何やら取り出した。

不意に手の動きが止む。

その手をよく見ると、何やら違和感を感じた。

何だこの手は?

そう思った瞬間、Sが取り出した何かを、雨戸の隙間から伸びた、薄気味悪い手に手渡した。

古本ではない。それは、昨日紙袋の中を確認した時に見た、木造の部品。

手はそれを受け取ると、

「キャハハハハッ!」

と、不気味なかん高い声を発し、雨戸から手を引っ込めた。

外から、何か重いものが、ずりずりと這いずるような音が聞こえた。

その音が遠ざかり、やがて聞こえなくなったのを確認し、俺とSは外に出た。

群雲から顔を覗かせる三日月が、冷たい光を放っていた。

その月明かりの中、辺りを見渡すが、そこには何もなかった。

「S、教えてくれ、あれは……あれは何だったんだ?」

俺の質問に、Sは重苦しい口を開いた。

「人形だよ」

「に、人形!?」

思わず聞き返す俺に、Sはこう付け加えた。

「言ったよね?あれは、人でも幽霊でもないって……」

確かに、朝方言ってはいたが……。

「さっき渡したあれ、なんだったんだ、何で人形が家に!?」

矢継ぎ早に言う俺に、Sは冷たい口調で言った。

「あれはからくり人形の部品だ。ぜんまいの一部だよ」

「ぜんまいの一部?あの糸みたいなのが絡まってたやつか?」

「糸?糸なんか絡まってなかったよ」

Sの言葉に、俺は首を傾げた。確かに俺は、あの部品に糸が絡まっていたのをこの目で見たのだから。

が、その記憶は、Sの次の一言で、完全に打ち砕かれた。

「あれは糸何かじゃない……血が染込んだ、女の長い髪の毛だ」

次の日、寝不足気味な俺とSは、居間で朝食を取っていた。

見るわけでもなくただつけていたテレビに、突如見慣れた文字が映る。

この町の名称だ。

『ええ、現場ではようやく消火活動が終わったようです。代々人形を作り続けてきた、伝統工芸を生業とする老舗だけに、地元住民からは惜しむ声も聞こえています。なぜ家は全焼したのか、そして家主の、』

ブツッ、

Sは無言のままテレビの電源を落とした。

そして、独り言のように、こう言った。

「人でも、幽霊でもないんだ。だったら、どうしようも……ないじゃないか」

そこまで言ってSは箸を置き、部屋へと戻って行った。

居間に一人取り残された俺は、ふと、窓の外に目をやる。

相変わらず執拗な曇り空が、町に陰を落としていた。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

見送る少年

イモムシ

すみません

都市伝説「スクエア」

帰り道

開けるな