364 views

ペトペト様

これは、私が大学時代に友人から聞いた話です。

あの有名なテケテケと類似する話で、私が聞いたのも1980年代ですので、 ほぼ同時期にあった話だと思われます。

 

その彼は、九州の出身で同じ寮に住んでいました。

当時は、某バイク漫画が大流行していて、バイク好きな彼も峠族でした。

 

そんな彼が行っていた峠で広まった、都市伝説とでも言うのでしょうか?

ペトペト様と言う話が彼の地元にありました。

 

何でも、元々は、その峠で死んだライダーの男性が元で、彼の幽霊なのだそうです。

彼は、大型トラックと正面衝突して、上半身と下半身がちぎれた状態で亡くなったそうです。

彼の事故以降、その幽霊が現れるようになったとの事。

 

夜中にバイクで峠を攻めている峠族が、後ろから猛スピードで追いかけてくる幽霊を見るようになったそうです。

その幽霊は、上半身だけで手のひらを使って地面を這うようにして、彼らを追いかけてくるのだそうです。

 

追いつかれたら、どうなるのかは、聞いていませんが、逃げ切っても執拗に追いかけてきて、

ライダーが自宅の玄関に飛び込むと、外からそのドアを…… ペトペトペトペト…… と、手のひらで叩き続けるのだそうです。

こうしてその幽霊は、彼の地元では、ペトペト様と呼ばれるようになりました。

あれから30年余り、ペトペト様は、まだ、彼の地元にいるのでしょうか?

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ここどこ?

真夜中の交差点で

たまに見る怖い夢

鶴池亀池

インターホンの音

洗面器の水