264 views

空に舞う

俺が空を見上げた時、それを見つけた。

四角い白い凧が空を舞っていた。

正月でもないのに凧が上がっている。

最近では、正月でも凧を上げている子どもを見る事は、まず無くなった。

俺は、その凧を珍しい物でも見るように、目が離せなくなっていた。

ゆらゆら…… ふわふわ……

何かが変だと俺は思った。そして何が変なのかに気が付いた。

それは、糸で操られている風でもなく、ただただ、まるで生き物のように空を漂っていたのだ。

「凧じゃない……」  俺は、そう思って恐くなり逃げようとしたが、身体が動かない。

いや、それから目がまったく離せない。

「こっちに来るぞ」 「みんな逃げて」

俺の後ろから数人の驚愕する声が聞こえてきた。

後ろの人々が逃げ惑う音がする。

だが、俺だけが動けない。

何故なら、その四角く白い何かには、顔があり俺だけを見ていたからだ。

ニヤニヤとした表情で俺を凝視している。

知らない一人の女が、俺の前に回ってきて、俺の胴体にタックルするように後ろに押した。

身体の力が抜けていたのか? それとも彼女の力が強かったのか?
気が付けば、その女の車に乗せられて走っていた。

彼女は看護師だった。道理で動けない者を動かせる技能を持ち合わせていた訳だ……

 

あれから数年経った。あの凧のような物はあれ以来見ていない。

あのまま彼女に助けられなかったら、俺はどうなっていたのだろうか?

俺は、そう彼女に聞いた。

「もう忘れなさい。またあれに出会っても何度でも助けてあげるから」

妻は、いつものように病院に出勤する準備をしながら笑った。

朗読: 朗読やちか

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

心霊スポットツアー【前編】

窓のにょにょ様

こわいはなしつくりました・その1

かくれんぼ

緑色の神社

三戸トンネル その一