272 views

自販機

高校2年の冬 眠っているときのこと ものすごい暑さで目が覚めると金縛りにあった。

部屋の景色がすべて真っ赤になっている。

動けないまま周囲をみていると、部屋の天井から自販機がはえていた。

 

普通にコカ・コーラの自販機が照明つけてはえてる。

は!? え? ってなってると、

その自販機は天井にスーッと沈んでいってなくなった。

 

そしたら部屋の色が戻って、体も動くようになった。

意味がわからなすぎてまったく怖くはなかったけど、 自販機のおばけなんて初めて見たよ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

七月二十四日の記憶

局地的アポカリプティックサウンド

引きずり出される

やんとわなし

逆流

座敷童