703 views

とあるサイトで出会った2人と廃墟旅館

オカルト好きな僕。

オカルト好きが集まるオカルトサイトにも参加し、
サイト内で2人の男性と仲良くなった。

2人はAさんとBさんといい Aさんは40代半ばくらいの中年男性で
Bさんは僕より少し年上の30代男性だった。

LINEのID交換も済ませ、
3人のグループチャットで心霊スポットについて話をしていると
2人が僕にオススメしたい廃墟があるというので、その廃墟に3人で行く事になった。

3人で日取りを決め、現地集合で場所に集まると
そのオススメしたい場所とやらは廃墟の旅館らしく、
時間が夜中だったので暗くて見えないが、壁のいろんなところが黒ずんでいた。

2人によると、数年前にこの旅館は火事で何人も死者を出し
生き残ったオーナーは廃業に追い込まれ、ついに首を吊って自殺してしまったらしい。

そんないわく付きの旅館に、懐中電灯を照らしながら僕達3人は慎重に中に入った。

旅館は3階建で、いろんなところが黒こげになっている。

それ以外は、各階にあるエレベーターも、
何十とある客室の中も特に変わったところはないようだった。

1階、2階、3階と順番に一通り探索して 「もう、そろそろ帰りましょうか。」 と、
僕が2人に声をかけようとした瞬間 突然AさんとBさんが別々の方に向かって歩き出した。

今、僕達がいる3階の踊り場から Aさんは客室がある方角へと向かっていく。

Bさんはエレベーターのある方角へと向かっていく。

慌てた僕は、とりあえず目の前にいたBさんを制止し
「ここで待っててください!」と伝え、客室に向かったAさんを追いかけた。

歩みを止めないAさんを必死で止めようとするも、
Aさんは僕の声が聞こえていないのか、
虚ろな表情をしたまま早足で客室に向かって歩いていく。

僕にはAさんの目が焦点が合っていないように見えた。

とうとうAさんを止める事が出来ないまま、僕とAさんは客室が並ぶ廊下についた。

すると、今まで早足で歩いていたAさんがいきなり足をとめ、
誰もいるハズがない客室のドアをノックし始めた。

コンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコン”

無心にノックしているようだ。

Aさんの奇行に驚いて言葉を失っている僕を知ってか知らずか
Aさんはノックする手を止めないまま、こんな事をブツブツ言い始めた。

「 お料理をお持ち致しました。 お料理をお持ち致しました。
お料理をお持ち致しました。」

Aさんの発言を聞いて怖くなった僕はその場を逃げ出し、
Bさんのいる踊り場に向かおうとした。

走って踊り場に向かう途中、踊り場で僕を待っていてくれているハズのBさんが、
何故かエレベーターに乗り込むところが見えた。

「あれ!?さっき見た時はエレベーター閉まっていたのに何で開いているんだ!?」

僕はパニックになりながらも、Bさんがいるエレベーターに慌てて乗り込み

「Bさん!聞いて下さい!Aさんの様子がおかしいんです!」

と、言おうとした瞬間 Bさんがまるで、
さっきのAさんと同じような虚ろな表情で僕の方を向き

「……僕達の部屋って何階でしたっけ?」

と、訳の分からない事を言い始めた。

まるで旅館に泊まりに来た客のような発言をするBさんの前で僕が固まっていると
“ビーーーーーッッッ!!!!”
電気が通ってないハズのエレベーターから、
定員オーバーを知らせるブザーが鳴り響いた。

もう恐怖で頭がおかしくなりそうだった僕はパニックになりながらエレベーターを降り
1人猛ダッシュで旅館から出て、近くに駐めてあった自分の車に乗り込み、
急いで帰宅した。

最初は自室で恐怖に震えていたものの、時間が経つにつれ2人が心配になり、
僕は2人のLINEに電話をする事にした。

まずAさんにLINE電話すると、しばらく呼び出し音が鳴った後 “………プッ” と、
繋がる音がして 「…もしもし?Aさん…?」と、僕は恐る恐る声を出した。

スマホの向こう側からAさんの返事はなく、
かわりに “ごぉぉぉぉぉ……っっ” という激しい雑音と
『建物の 外に 逃げて ください。 近くの 非常口から、逃げて ください 煙を 吸わないように 体を 低くして 逃げて ください』 と、火災アナウンスらしき声が聞こえてきた。

僕はそれを聞いて無言で電話を切った。

Bさんには……その時はもう怖くて電話する気にはなれなかった。

あれ以来、もう一度電話してみようと友達欄からAさんBさんを検索するも
何故か2人の名前が出てこない。

トーク内容も全て消えている。

僕達が出会ったオカルトサイトの管理人に連絡するも、
そんな人達は知らないと言われる始末。

僕は気になって、後日あの廃墟になった旅館の事をいろいろ調べてみた。

ネットで当時の火災について調べていると、
当時火災で亡くなられた被害者の名前一覧に辿り着き 死亡リストの中には、
なんとBさんの名前が載っていた。

従業員の死亡リストの中にはAさんの名前と同じ名前がある。 ただの偶然なんだろうか。

いや、ただの偶然とは思えない。

僕はもしかしたら最初から2人に呼ばれていたんじゃないだろうか…。”

僕は軽薄に心霊スポットに行った事を後悔したが
同時に、僕の中にあるオカルト好きの部分が熱く震えるのを感じた。

気がつくと、また僕はあの2人と出会ったサイトにログインしていた。

そう、そのオカルトサイトの名前は “Horror Holic School”

朗読: 怪談朗読と午前二時

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

謎の訪問者

事故物件ホテル

人形の仕返し

夜勤

気をつけて

のり?