417 views

怪奇譚 知らない人

ある日家に帰ると、知らないおじさんがいた。
どなたですか? と尋ねると、おじさんは言う。
未来の君さ。 おじさん未来で死んじゃってね。 そしたら神様が現れて一つだけ願いを叶えてくれるって言うんだ。
だから、おじさん君に会いに来ることにしたんだよ。

そう言いおじさんは僕の首を絞めた。
苦しい…意識が遠のく… その最中、おじさんの記憶が僕の頭に流れこむ。
ようじょゆうかい…ゆうかいってわるいことだよね 6人さつがい…さつがいってころすってこと? ああ、ぼくは生まれてきちゃダメだったんだ。
僕のせいで7人も人が死んじゃったなんて。
ある日家に帰ると知らない男の子がいた。
ぼくどーしたの? と尋ねると男の子が言う。 お母さん、ぼく未来からきた子供だよ。
ぼく未来で死んじゃったんだ。
そしたら神様が現れて一つだけ願いを叶えてくれるって言うんだ。
だから、ぼくお母さんに会いに来ることにしたんだよ。
信じられない話だけど、血が教えてくれる。

可哀相な我が子がひと目私に会いにきてくれたんだ。
無我夢中で未来の我が子を抱きしめる。
痛い…お腹が痛い… 陣痛が始まったの? 違う…痛い痛い痛い… 倒れ込む最中、血まみれの床と包丁を握りしめる男の子とともに変なものが見えた
男の子が赤ん坊の首を絞める姿… 泣いている私と夫と…そしてあの男の子… ああ、そうゆうことか。

全ての罪は私にある… ある日家に帰ると、知らないおばさんがいた。
親戚の人かな? こんにちは。と話しかけるとおばさんは言う。
私、未来のあなたなの。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

じいちゃんの夢

たんたんたぬきさん

片想い

闇に紛れて

おじちゃん

恐怖体験 「久しぶり」