324 views

子供の声

バイパスみたいな道を歩いてた、
そしたら小さな子供が「わ〜〜」と声を出しながら追いかけてきた。

僕は、やばい逃げなきゃと思い逃げていた。

そして振り返ると 子供が1人また2人と増えていった。
橋がみえてきた だが橋は、崩れていた。

脇道から川を渡ることにした。
だが必死に泳いだでも泳げない。
泳げないままもがいていたら、さっきまで「わあ〜〜」と 声を出しながら追いかけてきた子供の声が、どんどん低く太くなっていった。

意識が飛ぶ瞬間、子供が
「やっと友達になれるね」と言ってきた。

そこで目が覚めた。
自分が生きてる事を忘れるような夢だった。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

昭和異聞録 其ノ壱「蘇州二胡」

骨泣き寺

三戸トンネル その二

一番前は

そでをひく

長い髪の毛