314 views

倉庫のお供え物

家電量販店に勤めているKさんから聞いた話である。

彼女は、販売員としての商品知識だけでなく、
仕入れから配送までの細かいルールを遵守して、神経質に仕事をこなしていた。
そればかりではない。
お客様相手なので、価格交渉や商品クレーム、修理対応で怒鳴られたり、
泣きたくなる事ばかり頻繁にあると、いつも愚痴を聞かされていた。
心身共に疲れ果て、家に帰り布団に入っても、仕事の事を色々考えて眠れなくなる時があるらしい。

彼女は、その浅い眠りの中、不気味な夢をみるようになったという。
最近はいつも同じ夢で、薄明かりの中、店の倉庫の長い通路を歩いていると、
反対側から土色の顔の知らない男の店員が歩いてくる。
すれ違いざま、その男の左手が、彼女の顔の方にぬーっと伸びてきて、
「うわぁっ!」 と叫び、よろけて転んだところで目が覚めるそうだ。
Kさんは、気になって倉庫の夢と同じ場所に行ってみると、脇の棚の上にお菓子が置いてあった。
それは、旅行に行った人がお土産としてみんなに配ったお菓子で、
(誰かが置き忘れたのかな。) と思ったそうだ。

それからというもの、倉庫に行くと、ついついその棚を見るようになり、
お菓子は、新しいお土産のお饅頭と入れ替わっていた。
それで彼女は、 (誰がお菓子を置くのだろう?)と不思議に思ったそうだ。
倉庫担当者に聞くと、それはシニア社員のAさんだと言う。
彼女は、Aさんにお菓子の事を尋ねた。
するとAさんは、彼女を倉庫に連れて行き、お饅頭の包みを開けて見せたそうだ。

「黒い石の塊のように見えた。」 と彼女は、後で私に話してくれた。
彼女も同じお饅頭を食べたので、中身は覚えていた。
最初は、 「なんか違う。腐ったのかな?」 と思ったそうだ。
するとシニア社員のAさんが、 「本当は内緒なんだけど、合併前にここで亡くなった人がいて、お菓子をお供えしてるんだよ。
まだここにいる気がするんだ。」 と話してくれたそうだ。
彼女が詳しく聞くと、
「若い男性の販売員だったけど、急に倒れて救急車で運ばれたんだ。でもダメだったよ。」 と答えた。
彼女は、それで納得した。
夢の中の男は、助けを求めて手を伸ばしてきたのかもしれないと。
Aさんから 「みんな怖がるから内緒にしてよ。」 と口止めされたらしい。
彼女の話では、今の店舗は、7年程前に2店舗が合併して1店舗になり、
元々この店にいた販売員は殆どが異動して、今ではシニア社員のAさんしか残っていないとのことだった。

それから数日後、彼女は、お客様からのクレームが続いて落胆し、再び精神的に追い込まれてしまった。
そして案の定、またあの夢をみた。
ところがその夢には、今までと違い、続きがあった。
倉庫でまた男の店員とすれ違い、左手が伸びてくる。
その手が彼女の顔の前までくると、急に彼女の首を両手で掴み絞め始めた。
(苦しい!やめて!) 男の顔が目の前にあったが、顔を認識出来ない。
土色ののっぺらぼうのようだったそうだ。
自分より大柄のしかも男に首を絞められ、手を振りほどこうと必死に抵抗した。
そしてもうだめだと思った瞬間、目が覚めたそうだ。
首を掴んだ男の骨張った手の感触が、とても生々しかったという。
それと同時に、次はどうなるのか想像すると怖くなった。

夢の中の男は、助けを求めていたはずだったのに、首を絞められた。
(何かが違う。) そんな感覚が芽生えたそうだ。
彼女は、シニア社員のAさんを再度問い詰めた。
すると、その男性店員は、病死ではなく、仕事の悩みを抱え、倉庫で首吊り自殺をしたという事だった。
自殺した男性は、自分と同じように仕事で追い詰められた彼女に取り憑き、道連れにしようとしていたのではないでしょうか。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今どきの幽霊

田舎の廃公園

中古品屋

夜間救急病院

郵便配達の家

老婆