574 views

ゴミの分別

たけし君のママは、町内会の会長さん。
ウチのママとは幼馴染で、小さい頃から、近所で、有名な意地悪で、いつもママをいじめてたんだって。今でもママに意地悪してる。
ウチのママの出すゴミは、分別って言うのがダメだって、言って、ゴミをお家の前に戻すんだ。いつもいつも、戻すんだ。
だけど、今日は戻っていない!ちゃんと分別出来たんだ!

僕はうれしくて、ママにゴミが戻ってないよって、伝えに行った。
お風呂掃除していたママは、嬉しそうに僕にこう言った。

『今日は生ゴミの日だから、たけし君と、たけし君のママを、ちゃんと刻んで、細かくして、入れたのよ、ママだって、分別位やれば出来るのよ』って、

鼻歌を歌いながら、真っ赤に汚れたお風呂場を嬉しそうにお掃除してた。

朗読: 小麦。の朗読ちゃんねる
朗読: 怪談朗読と午前二時

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

伝わる感情 〜後日談〜

カナダでの恐怖体験

地下通路のトイレ

【エネエネババァ】

残留思念

会場変更の理由