470 views

​人形の型紙

私は子供の頃、リカちゃん人形が欲しかったが、

買ってもらえず、仕方がないので自分で作るようになった。

母が裁縫が好きで、余り布が沢山あったので、

パッチワークのように色々と組み合わせて人形を作っていた。

それはやがてカントリードールへと移行して、

主に木や布の組み合わせで人形を作るようになった。

デザインもオリジナルで、もちろん型紙を作り、同じ人形を何体かずつ作り、

洋服のデザインを変えて雰囲気を変えたりした。

型紙はデザインごとに変わるので、どんどん増えて、書類ケースがいっぱいになった。

人形にも愛情を込めたが、型紙にも私の想いが詰まっていた。

人形達はフリーマーケットで販売したり、個人的に受注して販売したりしていたので、

自分の仕事もあり、結構忙しかった。

そのお客様の中に、Aさんという人がいて、

私の人形をとても気に入って頂き、5体ほど種類を変えて、買って頂いた。

ある時、Aさんから電話があり

「私も自分で人形を作りたいから、型紙を売って欲しい」

と言われた。

しかし私の人形は、人形本体も洋服もオリジナルだったので、

型紙は販売できないと丁寧にお断りした。

しばらくして、ある日仕事が休みの日に、突然Aさんが訪ねてきた。

「人形の型紙の作り方を教えて欲しい」

と言うので、私は快く了解し、Aさんを家の中に招き入れた。

私の型紙を見せて、キッチンにお茶を入れに行くと、すぐに

ビリビリビリッ!

ビリビリビリッ!

と激しい音が聞こえてきた。

私が慌てて部屋に戻ると、Aさんが私の型紙を次から次へと粉々に破いていた。

その顔はまさしく狂った人の半笑いの顔で、私は怖くて、ただ見ていることしか出来なかった。

Aさんは、箱の中の型紙を全部破り終わると、スッと立ち上がり、黙って出て行った。

それ以来、私は人形を作れなくなった。

型紙がなくなったからではなく、

あの時のAさんの半笑いの顔が目に焼き付いて、未だに忘れられないのだ。

​狂った人は、意外と近くにいる。

朗読: 繭狐の怖い話部屋
朗読: 怪談朗読と午前二時

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人違いも甚だしいわ!

初めての病チュウ

ひったくり

友人Aの懺悔

【エネエネババァ】

会場変更の理由