205 views

ヘアピン

私には8歳年上の姉がいて、会社が近いからいう事もあり、

会社近くのマンションに引っ越した時のことです。

その日、引っ越しの荷物を整理していたところ ……チャリッ…… という音が聞こえ、

見ると100均一で見るような細い黒のヘアピンが落ちていました。

姉は不思議に思ったそうですが、前に女の人が住んでて忘れていったのかなと話していました。

しかしその日から、ヘアピンが部屋中どこに居ても、

何かをしていても出てくるようになったらしいのです…

しかも、最初は一本だけだったのが日に日に二本、三本と増えていったらしく、

姉は気味が悪くなるのと、ヘアピンのことが気になって眠れない日々が続き、

目の下のクマも酷くなっていました。

ある日、姉の家に遊びに来た私は、姉が買い物から帰ってくるまで漫画を読みながら待っていました。

すると例のヘアピンの音を聞きました。

それも一本や二本ではなく、何本ものヘアピンが落ちるような音でした。

そっと音のする方へ近付いてみると私の居るリビングから廊下を通って、

風呂場のドアの前まで沢山のヘアピンが落ちていました。

私は風呂場のドアを開け、中を覗き込みました。

見ると浴槽の水はまるで血のように赤く濁っていて、

黒い髪の毛の束が浴槽の中や床にまで落ちていました…

私はすぐに部屋から逃げだし、姉にこの事を話しました。

姉はすぐにそのマンションを引き払い、それ以降奇妙な出来事は起きていません。

しかし、私の方はしばらくの間ヘアピンを見るのが怖くて仕方なくなりました…。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蛇の仕返し

芸術の魔物(実話)

夜桜

祖父の兄

SHADOW U.F.O

またお願いします