552 views

連れてきた霊が連れていった話

「連れてきた霊が連れていった話」

3年ほど前の話ですが、私の会社の同僚が、

退職することになり、送別会をしようということになった。

同じ部署ということもあって、私を含めて3人が幹事をすることになり、

ひとりは場所の予約と会計係、ひとりは当日の進行役、そして私は撮影係になった。

送別会の場所は、いつも利用している古民家を改装した居酒屋で、

仮に「おたふく屋」としておきます。

この「おたふく屋」ですが、本当に1件の古い家屋をそのまま居酒屋風にしただけなので、

1階は、キッチンの部分にカウンター席、広いリビングの部分にテーブル席が7つあるだけだった。

2階は8畳と12畳の和室で、襖で仕切られている。

この襖を外すと広くなり、大人数の時でも利用できた。

今回は、合計20名ほどの送別会だったので、2階の12畳の方の和室で予約を入れ、

私は他にプレゼント品や花束などを用意して、当日「おたふく屋」に行った。

玄関を入り、カウンターの前を通って、すぐ横の急な階段を上がると廊下があって、

左側に12畳の和室の入口がある。部屋の戸は開いていたので、

そこで靴を脱いで部屋に入ると、まだ誰も来ていなくて、取りあえず荷物を下ろした。

その時、一瞬部屋の照明が消えびっくりしたが、すぐに点いたのでほっとしてまわりを見ると、

入口から真正面にある「床の間」の右隅に、黒い影が見えた。

私は照明が消えて暗くなり、すぐに点いたので、

目が錯覚を起こしたのだろうと思い、パチパチと瞬きを繰り返した。

すると、「床の間」の黒い影は、すぐに消えて見えなくなった。

メンバーが集まり送別会が始まって、私は自分の担当である撮影に集中した。

念の為、もう一人別の人にも撮影をお願いし、自由に撮影して頂いた。

後でまとめて編集して、退職する愛さん(仮名)に渡そうと思っていた。

主役である愛さんは、「床の間」の前に座っていたので、

自然とみんなが順番に愛さんのまわりに集まり、私が写真を撮った。

1枚、また1枚と愛さんを中心にまわりを囲むようにして、写真撮影をした。

その時は、何も異常が無かったと思う。

ところが、送別会の後半で愛さんに花束を渡して、お別れの言葉を頂いている時に、

私がデジカメを向けると、再び異変に気が付いた。

愛さんの真後ろの「床の間」の右隅に、またもや、黒い影が現れた。

それが今度は、はっきりと人の形に見えたので、驚いて

「あっ。」

と声が出そうになったが、愛さんが泣きながら話してる最中だったので、なんとかこらえた。

私はデジカメから目が離せず、声も出せない状況だったので、ただそのまま固まっていた。

その黒い人影は身体つきは男性のようで、恐らく「後ろ向き」に立っていたと思う。

私はそれが人影であると認識できた途端、急に恐怖心に襲われ始めた。

ガクガクと震えが止まらなくなり、そのままその黒い人影を見つめていた。

我に返ってデジカメから目を離すと、その姿はスッと消えてしまった。

まわりを見るとみんな愛さんに注目していて、泣きながら話す彼女に、

「頑張れ」

などと声を掛けていた。

他の人には、あの黒い人影がまったく見えていないようだった。

私は帰宅してすぐに、データをパソコンに移して確認したが、

パソコンの画面で見る限り、あの黒い人影はまったくどこにも写っていなかった。

動画もあったが、まったく異常なし。

後日、もう一人の撮影者の分のデータをもらいましたが、そちらもまったく異常なかった。

私は安心して編集作業を終え、ディスクにまとめてそれを愛さんにプレゼントした。

しかしすぐに帰宅した愛さんから、驚きのメールが届いたのだ。

内容は、

「帰ってすぐに、ディスクをパソコンに入れて、見ようと思ったら、

すぐに1枚の写真がデスクトップ一面にいきなり出てきて、

その写真をよく見ると、自分(愛さん)のすぐ横に髪の長い女が白く薄っすらと立っている」

というものだった。

「髪の長い女・・・?私が、見たのは、後ろ向きの男だったはず・・・」

私は、驚いて、自分用にコピーしていたディスクをレコーダーに挿入して、テレビの大きい画面で確認した。

「あっ・・・」

びっくりだった。

そこに、居た。

間違いなく愛さんのすぐ横に髪の長い女が、薄っすらと立っていた。

そしてその白いのっぺりとした顔が、笑っている。

編集の時には、まったく気が付かなかった。

それだけではなかった。

もっと怖かったのは、花束をかかえた愛さんとその髪の長い女の間、

あの「床の間」の右隅に、黒い男が居た。

そして、前は「後ろ向き」だったのに、この時は横を向いていた。

痩せこけた顔で、目だけを丸く大きく見開いて、怒っているかのように険しい顔をしていた。

この1枚の写真にだけ、2つの霊が写り込んでいた。

ちなみに愛さんには、髪の長い女しか見えてないようだった。

見える時と見えない時があったり、見える人と見えない人がいたり、

心霊写真の証明は時として難しい。

しかし1度見えてしまうとロックオン状態になり、何度でも見えてしまう。

私は怖くなり、すぐにディスクを取り出した。

そして、引き出しの奥へとしまい込んで忘れることにした。

それから半年位経ったでしょうか。

夜、私は自宅の2階の部屋でレコーダーのダビング作業をしていて、空のディスクを探していた。

そして不覚にも、あの恐ろしい霊の写り込んだディスクを再生してしまった。

テレビの画面いっぱいに、また愛さんと髪の長い女が現れた。

「しまった」

と思って停止ボタンを押そうとしたら、急にレコーダーが

「ガタガタガタッ・・・」

と大きく揺れ始めた。

何が起こっているのか、まったく分かりません。

「ガタガタガタッ・・・」

停止ボタンを押しても、まったく反応しない。

画面の中の「後ろ向き」だった男は、

「うわっ・・・」

真直ぐにこちらを睨みつけていた。

画面の中の大きく見開いたその目と目が合った瞬間、その男の姿が消えて無くなった。

「あっ」

と思っているとすぐにレコーダーから、黒い煙のようなものが出て私の目の端を横切っていった。

私は金縛りのようになり、身体を動かすことができなかった。

その時です。1階で、飼っていた猫のもの凄い叫び声が聞こえてきた。

「にゃーーーーー、にゃーーーーー、ぎぃゃーーーーーーーー」

そして、続いて、家族の叫び声が。

「うわぁーーーーー」

いつの間にか黒い煙は消滅し、私の金縛りも解けていた。

急いで悲鳴の聞こえた1階に行くと、飼っていた猫が急死していた。

病気で弱ってはいましたが、すぐに死んでしまうような状態ではなかったのです。

突然のことに、家族が大声で泣いていた。

飼い猫が何かまずい状況から助けてくれたのでしょうか。

それとも私の代わりに連れていかれたのでしょうか。

まったく分かりませんでした。

しかしあの男は、なんであんなに怒っていたのか。

今となってはまったく分かりませんが、あの「おたふく屋」は現在も営業しており、

人気があって2号店ができるらしいです。

朗読: 繭狐の怖い話部屋

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

音楽の時間

骨泣き寺

人影らしきもの

意識がワープする

父親の友人

五月のフリーマーケット