193 views

小学生の頃の私の体験談

コレは、私が宿泊学習の日のことでした。

私はバスに乗って宿泊場所に向かっていました。

私はバスに揺られながら、隣に座っている親友と、何号室か話して、同じ303号室で喜んでいた所に男子が、

「それ、呪いの303号室だよ〜www」と言いながらふざけていました。

前の席に座っていた女子友達達が、「嘘だから大丈夫でしょ〜w」と言ったので私たちも、「そうそう、そんなのウソウソw」と笑っていました。

しばらくして宿泊場所に着き、荷物を部屋に置き、外でウォークラリーをして、夕食を食べ、部屋でチームの友達、親友とトランプをして、夜食を食べ、外でキャンプファイアーをし、お風呂に入り、あっという間に消灯時間が来て、消灯されました。

そこまでは良かったのですが…。

私と私の隣に眠っていた親友は、なかなか寝付けずにいました。

しばらくして親友が、「ねえ、私ちゃん、起きてる?」と聞かれたので、「うん、起きてるよ。」などの会話を小さな声で話していたら、部屋のふすまがズズズズズッ…。スーッと音を立てて、開きました。

少し経って親友が、「グループのリーダーちゃんかな…?」と言ったので、

「いや、だったら開けやすい反対を開けるでしょ…。」

(私達の部屋は、本来の方向のふすまが開けずらかったので、反対を開けて出入りしていました。)

と返事をすると、親友が、

「じゃあ…。先生かな…?ちょっとだけ…。ホントにちょっとだけ見に行かない…?」

と言ったので、私も一緒に見に行きました。

そしたら…。

「あれ…?」

誰もいないんです…。

そして私達は、すぐに布団の中に戻ってすぐに寝付きました。

朝になり、外に集合した時に、親友が、「せんせーい!昨日の夜私達の部屋のふすまが、開けました〜?」と聞いていたので、私は耳をすませると、「え…?行ってないけど…?」と言っていました。

あとがき

昨夜以降私達の身に何も起こらなかったので、今まで気にしないようにしていたのですが、今書き出せて良かったです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自己防衛

学校の怪談 脱走した少年

ピザ屋のバイト

叫び

その部屋は

水子部屋