ロッカー

タクミ(従弟/仮名)の部屋に重いロッカーがある。

何故ロッカーがあるのかは、叔父さん達に聞いても誰も知らないらしい。

このロッカーは誰も持ち上げていないのに、ほんの少しだけど浮いている。

「深央姉さん、見て!」

タクミが、そう言いながら下に出来た隙間に手を入れてみせた。

「危ないよ、落ちてきたらどうするの」

私は怖くなって声をかける。

しかしタクミはお構い無しって感じで、何度も隙間に手を出し入れする。

「大丈夫だって!ほら、見てよ!」

私はなんだかすごく嫌な予感がして、彼の手を掴んでロッカーの下の隙間から離れた。

その瞬間、ロッカーが音を立てて床に落ちた。

間一髪だった。

その時、誰のものかも分からない舌打ちが聞こえた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

閉じる