257 views

存在否定

私にはどうやら霊感というものがある。
昔からずっと他の人には見えないモノを見てきた。
それらは、時に酷く凄惨な状態で、時に普通の人間と変わりなく、確かに存在している。
頭が半分砕け散った状態で、交差点の真ん中で俯き続けているあの子も、
住宅街の一軒の玄関前で立ち続ける彼も、
特定の男性の背後に鬼の形相で張り付き続ける彼女も。
初めてそれに気づいた時は、どうしようもなく恐ろしかった。
だが気づいてしまった以上はどうすることも出来ず、見えないふりをし続けることしか出来なかった。
彼らが見えても、私には何も出来ない。
彼らに触れることはおろか、話しかけることさえも出来ない。
きっと彼らは他者からの認知によってのみ、そこに存在する事が出来るのだろう。
だが見えなければ、存在しないのと同じだ。
否定してしまえば、存在は抹消される。
彼らを、酷く哀れだと思う。
誰からも認知されず、誰にも理解されず、ただ、そこに存在するだけ。
彼らの目的は一つだ。
誰もが、生前の強い思いを成し遂げようとしている。
交差点の子供は俯きながら母親を呼び続け、
玄関前の男は家族の安否を願い続け、
背後に張り付く女は、その人物の死を願っている。
彼らは私と同じだ。
学校のクラスの中は、まるで私だけが居ないようだった。
同級生はもちろん、教師まで私の存在が無いことのように振る舞っていた。
それは社会人になっても変わらない。
私は存在せず、私が居なくても全ては成立してしまう。
いつしか私は、私以外が存在しないかのように、周りを否定していた。
幽霊も人間も同じだ。存在を認めなければ、そこにいないのと同じ。
そして彼らと同じように、私にも成し遂げたい悲願がある。
死んだ人間を観測することは私にしか出来ない。
例え他の誰かに見えたとしても、観測は存在の証明にはならないのだ。
そう、彼らは見えているだけ。
もしかしたら、私が自分で作り出した幻影に過ぎないのかもしれない。
本当に存在するのかすら疑わしい。
どうしようもなく恐ろしかったはずの彼らは、
しかしその存在を否定してしまえばなんてことはない。
私に、そんな彼らを救うことなど出来ない。
だから私は、私から彼らを否定することを選ぼうと思う。
そうすることで、どうしても否定できなかったことへの決着がつく。
唯一、完全に存在の証明が出来てしまうもの。
それは、周りの存在への疑問を抱いている”自分自身”という存在。
私という存在が無くなれば、悲願が果たせず苦しむ彼らも、
ずっと闇の中にいる私も、救われる気がするのだ。
最後に耳にした音は、強く風を切る音と、鈍く湿った大きな重い音。
これで私は、彼らという存在、そして私という存在を完全に否定出来る。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

13段目の大鏡

きっと錯覚

実話だけど作り話にしたかった

ニコニコおじさん

何者

芸術の魔物(実話)