486 views

原爆人形

私の生まれ育った実家は、怪奇現象や幽霊が日常的におきていたため、

家訓で『お化けには強気で対応しよう』ってルールがありました。

そんな訳で、ごまだんごさんにお話してもらいたいエピソードは沢山あるのですが、

今日は一番ごまだんごさん、、、いやリスナーの皆さんに伝えたいお話を書きます。

 

あれは今から23年前、自分が二十歳になる年の夏でした。

 

当時、札幌大通にあるデザイナー学園に通っており、

昼休みに昼食をとりに狸小路のどんけつにある品川マルキンラーメンというお店へと歩いてました。

「食後によく冷えた黒ビール入りコーヒーゼリーを頼もう」

などと考え目的のラーメン屋まであと20メートルまでさしかかった時、

グバーン! と聞いた事もない『爆音』に襲われ思わずしゃがみこみました。

 

すると色彩鮮やかな夏の狸小路の景色が、まるでトランプをめくり返すように

手前から奥へパタパタと白黒になっていきました。

つぎに火傷するほどの熱風が自分に襲いかかりました。

物凄く熱いのですが、火傷したりしてません。

「現実じゃない?」

とすぐに理解はできました。

 

現実の風景は白黒で見えているのですが、その上に濃い黒で、別の風景が重なって見えてきました。

黒い住宅から、次々と黒い人間達がでて来て逃げ回ります。

さらにけたたましいサイレンの音。

黒い人達が「助けてぇ~」「熱い!熱い!熱い!」「空襲!空襲なの?」など叫んでいます。

「壕だ壕に逃げろぉ~」と叫びだし黒い人達が皆、自分の目的のラーメン屋の方へと走りだします。

 

現実ではないと感じながらも、身を焼く熱風と轟音は恐ろしく、自分もついていきました。

黒い人達はラーメン屋向かいの店舗の磨硝子を通り抜けるように通過して、

地下への階段をどんどん降りていきます。

 

自分はラーメン屋の前に立ちすくみ、磨硝子を見るしかありません。

そして静寂、、、全くの無音。 白黒だった景色に、フワッと赤い光が小さく灯りました。

向かい店舗の磨硝子ごし、そこだけが赤いのです。

 

次の瞬間、磨硝子を「ピシャ!」と子供の手が叩きました。

『開けて~』ピシャ! 『お願い居れて~』ピシャ! 必死の子供の叫び声。

ピシャピシャと叩かれる磨硝子。

 

ピシャ!ピシャ!ピシャ!ピシャ!ピシャ!ピシャ!ピシャ!

『いぎゃぁ~』断末魔のような子供の叫び、割れんばかりに叩かれる磨硝子。

 

そこで幻覚は終わりました。

 

風景はまたトランプをめくるように奥から手前へと色を、鮮やかな夏の色に戻っていきます。

ただただ、立ちすくむ自分、全身が五感を取り戻し、冷や汗が吹き出てました。

ふと看板をみると磨硝子のお店は凄く古いビリヤード場でした。

 

あの『赤い光』は幻覚や幻の感じじゃない、そんな確信があり、

ビリヤードなどしたことがない自分は恐る恐るそのビリヤード店に入ります。

 

店は奥に古いビリヤードがならび年配の店長らしき叔父さんが優雅にビリヤードをしています。

入り口の右手、店の手前は叔父さんが趣味で集めたような骨董品がびっしりと並べて売ってました。

『あ、あぁ、これだ、これに呼ばれたんだ』 磨硝子の赤かった場所、そこに『それ』は置いてありました。

縦30センチ、横20センチくらいの縦長のガラスケース よく日本人形が飾られているフレームが黒いガラスケースです。

 

でも、中の日本人形は見たことがない異質な人形。

二人の姉妹。

妹は右目が飛び出し、左手を皿にして飛び出した目玉を支えて支えてます。

 

妹の右手を引く姉は、妹より酷く、全身が焼けただれぶよぶよになり、

髪のがショックのせいか真上に逆立ってます。

衣服はぼろぼろで赤黒い染みは血液の跡っぽく、焦げもリアルすぎました。

 

供養してあげなくては、と思いましたが値札には【十九万円】と書かれていて、学生の自分には払えないと諦めました。

夕方、家に帰り母が観てたニュースで

今日は原爆投下からちょうど50年の節目、広島では多くの市民が集まり黙祷を捧げました。』

と流れてました。

 

『そうか、それで今日はあんな幻覚、いや、現象を体験させられたんだ』 と納得しました。

50年、50年あの人形は苦しみ続けてるのかと思うと、胸が痛くなりました。

 

社会人になって20万を持って店にいきましたが、すでに人形は無くなってました。

10年ほどたち社会人になり印刷所で働いてた時に、あの人形によく似た人形の写真を印刷しました。

『原爆人形』と書いてありました。

 

製作者は不明なのですが、亡くなった遺体の服や頭髪を使い、

どんなに悲惨な状態だったかを再現した人形だそうです。

 

その後、Googleなどで調べてもみたもののあまりにも数が少ないのか、倫理的によくないのかヒットしませんでした。

 

今年で原爆投下から73年? 今も人形は助けてを求めてるのでしょうか?

リスナー様の家や、近所の骨董品店などに『その人形ならあるよ』って方がいましたら、

自分にかわって丁重に供養してくれませんか。 お願いいたします。

 この記事へのコメント

  1. ゾンビ兄やん より:

    うわ~掲載ありがとうございます。
    親友と妻にだけは話ていたのですが、いざ活字にしてみると凄く難しく、細部を書けず歯痒い感じです。

    姉妹の人形は二人ともモンペ姿でした、妹はおかっぱの上に防災頭巾をかぶり。姉の上半身はぼろぼろに焼けたシャツだったはずです。
    明らかに重症の姉が、気丈に妹の手を引っぱる様子にいたたまれなくなる人形でした。

    ビリヤード店はまだあります。看板にはビリヤードとありますが、今は骨董店になってます。

    マルキンラーメンは一ブロックずれた場所に移転しましたが、ビリヤード店からすぐの場所です。
    ジャズが流れるスタイリッシュなラーメン屋です。

    広島には行ったことはないのですが、ふいに自分に巡った、原爆か空爆の体験でした。
    とにかく立ってられないくらいの熱風と爆音でした。

  2. 木本葵 より:

    私は広島の被爆二世です。
    多くの家族親族を原爆で失いました。
    そのせいか平和公園や原爆ドームを心霊スポットとかにされて騒がれたり、怪談にされる事に嫌悪感が正直あります。
    ですが、この話には反戦の想いが感じ取れて、とても好感が持てました。
    原爆症で亡くなった父や祖父たちや親族も、きっとこの話なら「いいね」をすると思いました。
    いずれ、二人の祖父や父や母から聞いた本当の原爆の実話録をここに書くかは分かりませんが、どこかに書いて発表しようと思います。
    きっと怪談より怖く、戦争反対の想いをされると思うような話ですが、厳密には私のは実録であって怪談とは言えないので……
    またどこかで……
    次の世代に語り残す為に……

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

作業着の男

音声案内

サイジ君の宝物02/02

おじいちゃん

エレベーター

心霊スポットツアー【前編】