316 views

終わりと始まりの歌

羊皮紙に並ぶ血文字は、悪魔の書いた聖書の写本。

猫の瞳が色を失う。

時計の針がカチリと進む。

天空から下がった振り子がゆっくり揺れる。

大きなラッパの音がする。

大きな隊列の足音がする。

平たき人々に喰い殺されたハトの群れの羽根が地面に落ちる。

巨大な帆船に乗った死神の歌声が万里に響く。

今日、終わりがやってきた。

今日、始まりがやってくる。

血まみれの口を拭ってニヤリ。

悪魔は、嘆き笑い魂を飲む。

犬の牙がポキリと折れる。

時計と共に時が止まる。

天空へと炎が竜巻と成りて激しく登る。

小さな泣き声がずっと続く。

小さな幸福が砕けて消える。

高き巨人は、首がくるくる回ってもげて地面に落ちる。

大河が逆流して生者もろとも源流に戻る。

今日、終わりがやってきた。

今日、始まりがやってくる。

今日、終わりがやってきた。

今日、始まりがやってくる。

グリモワールのページが燃える。

陣の結界は、意味を持たない。

今日の私を誰も見ていない。

今日は、みんな死んでしまった。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私に起こる奇妙な出来事

友人の夢

壁の穴

供養

引きずり出される

リトル西郷隆盛