501 views

父に取り憑いた生き霊

これは確か小学校4年生頃の話なのですが、私の両親は離婚で揉めていた頃です。

毎晩喧嘩する声、時には物を壊す音、
その後母が食べ物を食べては吐き、
終いの果てには夜中ずっと寝ずに
ぶつぶつキッチンの端っこで独り言を
よく言っているのを姉と抱き合って
よく二人で慰め合ってました。

そんな日々が続くある日
父が寝ているが横目に入ったときに
違和感を感じてふと見た瞬間に
私の目に入ったのは、
鬼の形相をした母でした。

父の腹部の横から

もちろん母本人ではありません。

そして離婚裁判の途中に
知り合いのある和尚さんに
(最近再びテレビに出てましたね)
久々に会う機会があり
「○○ちゃんのお母さん生き霊飛ばしてるわよ」
と言われた瞬間脳内でピースがはまり
ゾッとしたのを今でも鮮明に覚えています。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

深夜の足音

消える看護師

肉食虫

扉の向こう

爺ちゃん

手料理