ツンデレカラス

初めまして。
私は怖い話は好きなのですが、心霊体験などは一切ありません。
怖い話好きのくせに怖がりなのですが、どこか違う世界の話という感覚だったんです。
そんな私がちょっとゾッとした話です。
友人などには「気のせい」と馬鹿にされてしまいそうで誰にも言えないのでちょっとだけ、聞いてください。

私は在宅ワークなので運動不足にさらにダイエットの必要性も感じて、7月頃から近所の団地へのポスティングのお仕事を始めました。

夏は暑くて日差しが痛いくらいだったので、ポスティングの日は早朝5時半ごろから配り始めていました。
早朝なのでカラスが特に多くて、何処を回っても常にカラスの鳴き声が聞こえていて、まるで観察されているようで最初は怖かったのですが、特に何があるわけでもなく一ヶ月もすれば気にならなくなりました。そして、やっと涼しくなり始めた10月下旬頃、この頃には早朝ではなく午前中に
ポスティングをするようになっていたのですが、突然ドカンッと何かに後ろから頭を殴られたような衝撃を受けました。
一瞬バックか何かで殴られたのかと、変質者かと焦ったすぐ後にまたドカンッ。
「痛い!え?え?」
辺りを見ても誰もいない・・・と思った次の瞬間、すぐそばのフェンスに大きなカラスが一羽、つーん、とそっぽを向いて止まっていたのが見えました。
思わず「お前か!」とか思いつつ、でもさらに攻撃されたら怖いのでビクビクしながらチラシを配り、振り向くともうそこにはカラスは居ませんでした。
羽音も鳴き声も一切なく、ただ体当たりしてきたようで、爪による傷もなく、ただタンコブが出来ただけでした。
カラスに目をつけられたらどんなに変装をしても無駄と聞いたことがあるので、またしばらくカラスに怯えつつポスティングをする日々になりました。
けれど、攻撃されたのはその一度だけ。人違いだったのか?と思い始めたある日のことです。
親に用があって電話をする機会があり、話のついでにカラス事件をボヤいたところ・・・。
「ところで、まだ戦争映画とか見てるの?」と、突然聞かれました。
その言葉を理解するより前に全身にブワッと鳥肌が立ちました。
母に言われて思い出したのですが、8月頃からやたらと戦争映画、それも第二次世界大戦の映画、特別ドラマや動画などを見ていたことを思い出しました。
それも、「なぜ戦争は起きたのか」などのドキュメントや実際の戦場の写真をカラー化した動画なども、特に感傷も感じずに見ていたことも。
「あんたの声があの時変だったけど、今は元に戻ったみたいね」
・・・ゾッとしました。
なぜならあの時カラスに体当たりされてから以降、意識していなかったけれど二度と戦争関係の映画や動画などを見ていなかったから・・・。
母曰く、「カラスが変な気配を感じて払ってくれたんじゃない?」と。
それなら私には大した怪我もなく二度目の攻撃もないことにも納得できるよね、と言われて猛烈にカラスに感謝しました。
前にも書きましたが私は本当に怖がりで、原爆の例のアニメや戦争映画などを見ると夢に出てくるほどビビりだし、実際に被害を受けた人の写真など、直視できません。
多分霊感ゼロなので何も見えず感じなかっただけで、何かがいたのかと思うと今更ながらビクビクしています。
なんていうか、「本当にいるんだ、霊って」と・・・。
カラスは怖いっていうイメージでしたが、今はツンデレにしか見えなかったりします。
今思い出してもあの「つーん」とした様子はイラっとしましたがちょっとかわいかった気がします

聞いてくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

閉じる