介護施設②

頻繁に目撃される女の子とは別に、人怖含め本当に怖い話に事欠かない。

亡くなった方のナースコールがなるのはよくあることで、退去され、病院で療養中の元利用者の方の部屋からコールが頻繁に鳴る期間が続き、のちにお悔やみで名前を見つける。
なんてこともあった。

不思議な事に亡くなった途端コールが鳴ることはなくなっ たということ。
亡くなった方なら挨拶なのかとも思えるが、
亡くなる直前に何を訴えかけていたのだろうか?

利用者間で仲の良かった一方が亡くなった時、残された方の利用者の方が今まではとらなかった行動を取り出したこともあった。

居室の窓は脱走防止のため10センチ程度しか開かないのだが、夜な夜な話し声がするので行ってみると「○○ちゃん、なんとかかんとかやね」と窓を開け亡くなった方と話をしていたのだ。

会話に不自然さはなく、あたかも電話越しに話をしている ような、明らかに相手がいて成立する会話をしていたことが不気味だった。
看取り介護を実施していた施設だったので、亡くなることもあったのだが、亡くなる一週間前くらいからその方の居室が、夏場にも関わらず冷蔵庫のような冷え方をしていたのが異様だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

閉じる