叔母の葬儀

母から聞いた話。
母の父方の叔母が亡くなり葬儀に向かうため、
北陸地方の自宅から青森に向かう寝台列車で眠りにつく時にそれは起こった。

『遠いところありがとうね〜』
『わざわざごめんね〜』
と夜中じゅう亡くなった叔母に話しかけられていたそうだ。

寝不足のまま目的地につき、昨晩の不思議な話を従姉妹に話すと
「あっ、○○のところへ行ったんやね!一昨日は私のところに来てたんよ」

従姉妹の話によると、母が経験した叔母から夜中じゅうお礼を言われる経験を従姉妹もしていて、自分のところから母のところへ行ったんだと言う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

閉じる