672 views

怪異譚 現代っ子

某有名動画投稿サイトの無名配信者である僕と先輩は心霊スポットめぐりの動画配信に明け暮れていた。
夏休み限定で、遊び感覚で始めて、あわよくば一攫千金なんて言って2人で盛り上がっていた。
廃墟探索に、夜の学校 2週間で6つの動画をあげた 回覧11件、グッド2件、バット1件。
そのうちグッドは僕と先輩、回覧数11件中10件は2人のもの。
そんな最下層の2人だけど時代の波に乗れているようで楽しかった。

そんなこんなで7つ目の動画撮影。この日は県内で最も有名な、通称『白い家』
噂とは違い、入り口や窓は完全に塞がれ中には入れなかった。
仕方なく家の外周を周るだけという、いつもの締りの悪い動画だった。
編集の技術もなく、ほぼ撮って出しの動画をアップする。
すると思わぬことになる。
コメント1件 初コメントに歓喜する2人
コメント ってか声入ってね? そのコメントが連鎖反応をうみ再生回数は一気に900件を越え、グッド600件、コメントがなんと200件にも及んだ。
入っていた謎の声というのも、猫の鳴き声とも、女性の奇声ともとれる、なんとも微妙なものだったけど、2人は歓喜した。
特に先輩の興奮は異様なほどだった。

それから夏休みを利用した毎日アップを始める。
しかし、僕らは絵に書いたような1発屋に終わる。
しかも、小さな小さな1発だ。
夏休みも終盤に差し掛かり、もうすぐ月をまたごうとしていた。
チャンネルの存続について真剣に話し合った。
僕らにとっては真剣であり、本気の話し合いだった。
もう1度、最後に動画をアップしたい。そう熱望する先輩の熱に押され、僕らにとっての最後の動画撮影が始まった。

県内最強の心霊スポットにして最も有名な自殺の名所で撮影は行われた。
今日は先輩の意気込みが違う。
様々な仕掛けを用意し、予めセットをしてから撮影を開始する。
今にして思えば大昔の子供向けの肝試しみたいな仕掛け、ウケるわけないんだけどね 動画を撮り終え、普段はしない動画チェックをする。
「これ映ってない?」 「いや、映ってないです」 そんなやり取りをしたような気がする。
「うーん…オチが弱いんだよな」 と腑に落ちない表情を浮かべ、先輩はおもむろにカメラを僕に渡した。
もうちょっとだけ続けようと言い歩きだす先輩。
もう帰りたいという言葉を飲み込んで僕は先輩に付き合った。
しばらく歩き、崖のほうまで向かう すると先輩は突然こちらを振り向き 「今から自殺しまーす」 といい、背中から落下する先輩 冷静でいられたのはカメラ越しに見ていたからか?それとも眠気のせいか? 話はかわるけど、学校の校舎から水風船を落とした経験はあるだろうか。
思ってるより、対空時間がながく パーーーーーンッ と鈍く大袈裟に響くあの音を。
その何十倍も大きな、大量に水分を含んだ物が破裂する、鈍く大袈裟に響くパーーーーーーンッを、思い出すと今でも吐き気がする。
前述にもあるとおり、僕が冷静でいられたのは眠気によるものであり、僕が心のない奴なわけではない 先輩があまりにも急な死をむかえた直後、僕の脳裏をよぎったのは、これから説明やらいろいろ面倒くさそうだな、ということ それから、僕は未編集のまま動画をアップした 翌日には、アカウント停止になっていたけど でもさすがはネット民 今でも 動画撮影 今から自殺します で検索すると運が良ければ見れますよ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

黒い空気

怪奇譚 身に覚えがない

葬儀の怪

昔見ていた悪夢

サンタクロース