266 views

迷子になりかけた話

大きなショッピングモールや観光地、遊園地にイベント会場、
様々な所で迷子を知らせる放送を聞く事があると思う。

子どもは好奇心旺盛で夢中になると周りが見えなくなる事がある。
親だってつい目を離してしまう事がある。
でも、迷子になる理由はそれだけではないかもしれない。

私は小学生になる前、エレクトーンを習っていた。
続けていたら良かったのだが、小学校に入学して以降止めてしまい、今では全く弾けない。

さて、そんなエレクトーン教室に通っていた時の話である。
ある時、隣町の文化会館で発表会が行われた。
発表会は無事終わり、帰路につこうと会館を出る。
ふと先程まで一緒にいた母の姿を前方に見つけ、私はトコトコと駆け出した。
そして、その母の後ろ姿を追い掛けるように付いていった。

何故かわからないけれど一緒にいた友達の事も忘れ、ただただ母を追う。
母は私から5メートルぐらい先でバスに乗り込んだ。
私が急いで母に付いて行こうとした時だ。

「あんた、どこ行くの!」

背後で母の声がした。
私はキョトンとして振り返った。
そこには教室の友達とそのお母さん達、そして私の母がいた。

「勝手に先に行かないの!」
と母にちょっと怒られて涙目になる私。

迷子を知らせる放送を聞くと思い出す。
あのままバスに乗っていたらどうなっていたのかと。
お金も持っていなかったし。
それにしても、どうしてあの後ろ姿の人を母だと思ってしまったのか、
今でもわからない。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

陽気な来訪者

見たことないなら大丈夫

呼ぶ声

お盆のお客様

深夜の河原にて

病室の線香の香