608 views

ラベンダーの悪夢

これはついさきほど、わたし自身が実際に体験した怖い話です。

不眠症に悩まされていた私は、ラベンダーのアロマオイルに
「安眠効果」や「リラックス効果」があることを偶然ネットで知ったので、
すぐさまネット通販でラベンダーの精油を購入しました。

二日後に、アマゾンさんからプラスチックの小瓶に入ったラベンダーの精油が届いたので、さっそくその効果を試してみました。

ティッシュに1,2精油を滴たらして、枕元に置いて、そのまま就寝。
すると、今までは目が冴えてなかなか寝付けなかったはずなのに、あっという間に眠りにつくことができました。

まどろみの中、やっぱりアロマの効果ってすごいな~なんてことを薄っすら考えていた記憶があります。

しかし、どういうわけか、その日は、今までに見たこともないような悪夢を見てしまいました。

父親と二人で真夜中の道をドライブしている夢で、
父親が唐突に怖い話を始めたのです。

その内容は、夜中、車のラジオに突然、
『シルバーシュラウド放送』という緊急放送が流れだし、
もしも、そのラジオに耳を傾けず、雑談に興じたり、ラジオを切ろうとすると、交通事故に遭うというものでした。

実際、父親の友人は、その『シルバーシュラウド放送』を聞いて、大規模な交通事故を起こしてしまったそうです。

その理由は簡単で、放送が50回以上に渡って繰り返されたため、その友人は耐えられなくなって、声を荒げたのとことでした。
もちろん、夢の中での話なので、鮮明には覚えていませんが、私は車の中でその話を聞いて震え上がっていました。  

すると、話を聞き終えてから、つかの間。
私の乗っていた車にも『シルバーシュラウド放送』が流れ始めました。

若い男性アナウンサーの淡々とした不気味な声が、唐突に車内のスピーカーから聞こえ始めます。

「シルバーシュラウド放送です。緊急放送のため、静かに耳を傾けてください。 放送中における私語や退席は厳禁とします。では……」
と言って、男は話を始めます。

内容はハッキリ覚えていませんが、難しい政治的なものだったと思います。
私は恐怖のあまり、咄嗟に叫びたくなりましたが、私語は厳禁の為、口を閉じたまま泣き叫びました。

父親は冷静にハンドルを握ったままドライブしていました。
『シルバーシュラウド放送』が5回ほど繰り返されたところで

「以上で放送を終わります」
と言って、男の声は消えました。

わたしは車の椅子の上で、ぶるぶる震えながら、
「終わったの? これで終わったの?」
と父親に泣きながら質問しました。  

そこで、私は夢から覚めました。

あれほど鮮明な夢を見たのは初めてでした。
起きた直後、気になって「ラベンダー 悪夢」で検索を掛けてみたところ、私と同じようにラベンダーを寝る前に嗅ぐと悪夢を見たという方がいらっしゃいました。
アロマオイルは、人によって匂いと相性があるそうなのですが、わたしはラベンダーとはすこぶる相性が悪かったようです。

とても、安眠どころではなかったですから。
シルバーシュラウド放送というのも気になって調べてみましたら、とあるゲームの架空のラジオ局でした。

手元にはまだ、ラベンダーの精油がありますが、寝る前には今後、ほかの精油を使うようにしたいと思います。

もしも、興味本位で悪夢を見たい方は、
試しにラベンダーを嗅ぎながら、寝てみてはいかがでしょうか。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

この度は

夢と鳥居

病院の地下

「〇」にまつわる話

ションベン坂

神社の白狐