594 views

呼ぶ声

私は実家暮らしの時、10代後半になっても、小さい頃からの親の教育で
『誰か来ても玄関の戸を開けるな』
という教えを律儀に守っておりました。

その日は休日で、両親は出掛けていて私一人で留守番をしていました。
私が玄関に座り込んで自分の靴を磨いていたら、
「ピンポーン」とチャイムが鳴りました。

戸の目の前にいるとはいえ、私はその時も両親の教えを守り、
じっと黙って居留守を使い、やり過ごそうと思いました。

そうするとまた「ピンポーン」とチャイムが鳴りました。

また数秒おいて、「ピンポーン」。

大体の人は2、3回チャイムを鳴らせば帰っていくかと思いますが、4回目。
「ピンポーン」と…。

私は「しつこいな、この人…」
程度にしか思っていなかったのですが、突然「ドンッ」と戸を叩かれる、いえ、殴られるような音がしました。

その後も、「ドンッドンッドンッ」と止むことはありません。
流石に恐怖を感じた私は、教えなどそういうこと関係なしに、
直感で「出てはいけない!いるのがバレてはいけない!」
と思いました。

数分たったでしょうか、それとも数秒だけだったのでしょうか。
戸を殴る音がピタッと止みました。

「諦めたのかな…?」
と安堵した瞬間に、知らない男の低い声で

「いるのは分かってるんだからな」

と聞こえ、その場から離れていくような足音がしました。
両親が帰ってきた後にその話をしましたが、
当然誰かが訪ねてくる用はありません。

あの時、戸を開けていたら私はどうなっていたのでしょうか?
今となってはもう、分かりません。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

消える看護師

聞こえてくる

渇望

旧犬鳴隧道の怪

会場変更の理由

狩り宿の男(※犬注意)