621 views

忘れたスマホから

そんなに怖くないですが、個人的にゾクっとした話を。

先日、夜に嫁がスマホがないと騒ぎ出しました。
嫁はスマホをすぐにどこかに忘れる為、こんな事はしょっちゅうあります。
わぁわぁ騒いでいる嫁の声を聞きながら、テレビを見ていると
嫁『あー。どこだろ?ねぇ?スマホ鳴らして!』
と言ってきました。
嫁がスマホをなくし、自分がそれを鳴らす。これもお決まりのパターンです。
嫁のスマホ常に着信音が鳴る設定になっているので、
家の中にあれば、どこにあるか分かるわけです。
自分『わかったよ』
と自分のスマホで嫁のスマホへ電話をしました。

プルルルル… プルルルル… プルルルル…
音は聞こえません。
それを聞いていて、嫁も
嫁『わぁ。家の中じゃないな。あ!車かも…』
と言い出しました。
念の為にもう一度鳴らしてくれと言うので、もう一度、電話をしました。
プルルルル… プルルルル… プルルルル…
呼び出し音が鳴り、やっぱり家の中じゃないな…と電話を切ろうとした時です。
ガチャ
?『…もしもし…』
知らない男の声が受話器から聞こえました。
まさか誰か出ると思っていなかったので、
びっくりして電話を切ってしまいました。
誰かが拾ってくれたかもしれないのにしまったと思いつつも、
もう一度かけましたが、もう誰も出ませんでした。

自分『いま電話で男の人が出たよ。びっくりして切っちゃったんだけど、やっぱどっか忘れたか、落としたんじゃない?』
嫁『え?だって今日は子供の送り迎えでしか外出てないんだよ?夕方あなたに電話した時に使ったくらいだし』
自分『じゃあ何で男が出るんだよ…』
嫁『わかんない。てか本当にでたの?また驚かそうと嘘ついてない?』
自分『なんでそんな意味ない嘘つかなきゃいけないんだよ』
嫁『まぁとりあえず車見てきてよ!』
自分『えー!嫌だよ。もしそれで携帯あったらどうするんだよ』
嫁『あったら良いじゃん!とりあえず見てきて!よろしく!』

自分はしぶしぶ車へ見に行きました。内心はドキドキです。
確かに男が電話に出ました。
嫁には悪いですが“車に携帯あるな”と願いながら、車内を探しました。
すると… 願いも虚しく、スマホはドアとイスの隙間に落ちていました。
スマホには着信ありと表示されていて、
しかも一度は通話をしている履歴も残っていました。

すぐに車から家へ飛んで帰り、嫁へ携帯を見せました。
でも嫁は携帯が見つかった事と自分が嘘をついていると、
あまり信用してくれませんでした。
車はちゃんと鍵がかかっていましたので、
他人が密室で電話に出れる訳がありません。

なんだったのか、未だに謎です。
ちなみに嫁のスマホは某リサイクルショップで購入したものです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リアルな夢。

終わりと始まりの歌

感じる人と感じない人

水の中

揺れる家

提灯行列