699 views

不明

僕一時期心霊スポット巡りしてて、
オバケ撮るまで帰れません的なことしてたんですよね。

その日も友達2人、
全くビビらない心霊全く信じてないAと、ビビリなB と
有名な心霊スポット三軒回って結局何もなくて、
しらけた雰囲気になってたんですよ。

で、心霊スポットとかではないんですけど
福岡県のとある林道を車で走ってた時に
ふと横を見るとやたらキケンとか、立ち入り禁止って書いてある看板が
いっぱい立ててある脇道があったのを思い出して、
気になったし行ってみるかと そこに行ったわけです。

入り口はロープで封鎖されてて、
入り口から先は舗装されてない土状の道だったので
車を降りて歩いて行くことになったんです。

ある程度進むとカタカナの トの時に道が分かれてたんです。

まっすぐ進むか、右に曲がるかで三人で話し合ってた時
ふと左側の林の中に軽トラのドアが見えたんです。

中を懐中電灯で照らすとライト1つじゃぼんやりだったんですが、
マネキンらしき人が軽トラに座っているような姿勢で載せてあったので、
幽霊全く信じてない普段絶対ビビらない友達をビビらせてやろうと思って、
ビビらない友達Aに 「ちょっとあれ見て」 と話しかけて
2人でライトをあてて直視したんです。

さっきは僕1人のライトの明かりだったんで、ぼやけてたんですが、
2人で照らし合わせるとソレがよく見えたんです。
よく幽霊は青白いとか言われますけど、もうほんとに真っ青、
青く 目を見開いた髪は肩ぐらい 多分女性であろう人が 軽トラのハンドルに体重をかける感じでもたれかかったような姿勢で座ってるんですね。

僕も幽霊を信じてない派でその、ビビらないAも流石に5秒ほどフリーズ。
確実にソレは生きた人間ではない 霊感ゼロの僕でもわかるくらいでした。

お互い顔を合わせて、騒いだらソレがどう動くかという恐怖を押し殺して、
Bに そろそろ戻ろっか と言い、
後ろを振り返らず走りもせず冷静に車の場所へ戻りました。
戻る道の途中、Bは僕とAのあまりにも不自然な雰囲気と顔を見て
ほんとに危ない状況だと察したそうです。

なんとか車まで戻ると、みんなザッと足を止めました。
なぜか、車のドアが全部全開に空いてるんです。
山道なんで、何かあったらいけないということで鍵は確実に閉めたんです。
でもそれどころじゃなく急いで車に乗り 山を下り、
BはAの家に泊まり 僕は自分の家に帰りました。

なんとか家に着いたのですか、家に着いたその時 着信が。
そこには非通知でもなく、
〝不明〝と書かれた 発信先からずっと電話が掛かってくるのです。
何度も何度も。

すぐAに電話を掛けると、なんとAにも同じ着信が。
そう、ソレをみた2人だけに謎の着信があっているのです。
ソレをみてないBには掛かってきてはおらず、ソレをみた2人だけに。

何日かに渡って深夜4時過ぎに掛かってくるので、
何度かでてみたんですけど 女の人の呻き声のようなものが聴こえて
しばらくすると切れました。

後日、先輩に例の場所にいってもらって
ビデオ電話でその軽トラを映してもらったのですが、
そこには 確かに軽トラがありました。
ですが、中にはなにもなく ボロボロで少し草が生えてるようにも見えました。
まず、人なんて居ませんし 何にもないんです。

この一連の流れを、 オカルト的に見るとあの青い女の人はもちろん幽霊で、
何かしらのメッセージを電話で伝えようとしてきた。
後日居なかったのは、3人の中の誰かに憑依?したかと。

逆にオカルト要素なし、現実的に考えると
あの青い女の人は誰かしらに遺棄された死体であった。
もし、発見した僕たちがあそこで騒いで走って逃げたら
犯人に捕まって殺されてたかも。
車のドアが空いてたのも、車検証から僕の家の住所を特定するためかと。
次の日その遺体がなかったのは犯人が移動させた為。

と、どっちにしろめちゃくちゃ怖い事に遭遇した僕の経験ですw

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夜に

暗黙の了解

愛猫

お墓参りで

もう1人の家族

永遠に続く階段