512 views

気を付けろ

今年の7月に体験した話。
僕は家から高校まで距離があるので電車で通っている。

その日は部活の大会が近く、帰りが少し遅かった。
親子連れやサラリーマン、高校生などのいる車内に
「次はー00ー、00ー……」
とお馴染みのアナウンス。

減速感を感じつつ、扉に近づき、開くと同時に降りる。
ホームの階段に向かって歩いているとドンッと誰かにぶつかり、ゴトンッと重い物が床に落ちた音がした。

「あ、すいません」
思わず振り向き、謝る。

すると、中年の男性に鬼のような形相で睨まれ、
「夜道に気を付けろよ、てめえ」
と憎々しげに言うと、ぶつかった時に落としたであろう木の箱を拾い、大事そうに抱えて電車に乗っていった。

去っていく一瞬の間に男性とは違うとても高い声で
「気を付けろよ」 と言うのが聞こえた。

何時の間にか周りには誰も居なくなっていた。
その日は親に車で迎えに来てもらい、
今も帰りは毎日迎えに来てもらっている。

朗読: 【怪談朗読】みちくさ-michikusa-
朗読: 小麦。の朗読ちゃんねる

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

昭和異聞録 其ノ壱「蘇州二胡」

解剖冷暗所

言霊

父親の友人

いつか聞いた学校の怪談

出る家