204 views

片想い

また、死んでしまった。
自分の好きになった人を亡くすのはこれで何度目だろうか。

確かに相手にされていなかった。
どれ程話しかけても無視され続けた。
それでも僕は心の底から一緒にいたいと願っていた。

気がつくと、雨が降っていた。
心の中にぽっかりと穴の空いた気持ちで近くの水たまりを覗き込むと、
僕の心を映したような灰色の泣き空だけが広がっていた。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

祖父の兄

13段目の大鏡

またお願いします

黒猫

お線香代