228 views

臭いの対処法を教えて下さい

私は、怖がりで小心者のくせに、怖い話の朗読動画や恐怖系の番組もよく見ています。
元々好きだったこともありますが、今では少し方向性が変わっていて、
私にとって重要なことなのでずっと続けています。

もう十数年前、私がまだ二十代くらいの頃、一時期親戚のお葬式や法事が重なる時期がありました。
当時はそのことで精一杯で、他に気になることはなかったのですが、
多分その時の何かがキッカケだったんだと思います。
ある時、急に一人暮らしの私の部屋がとんでもないくらいドブ臭いというか、
何かが腐ったような、物凄い悪臭に覆われていて、気のせいか視界も濁って見えてきました。
狭い部屋中探しても何も問題はなく、そのうち気持ち悪くなりすぎて一度トイレで戻してから外に飛び出しました。
しかし、外も同じように臭くて何処に行っても匂いは変わらず、
もうどうしていいか分からなくなった時、たまたまなのか呼ばれたからなのか、気づいたら新年のお参りの時くらいにしかいかない神社が見えました。

すると、嘘のように匂いが消えて、思わず神社の鳥居の下に座り込んでしまいました。
掃除をしていた巫女さんの恰好の方が慌てて駆け寄って下さり、
一休みさせていただき、何となくお参りしてから帰宅しました。
嫌だなぁと思いつつも部屋に戻ると、薄くではありますが相変わらず臭かったので、友人に頼んで一泊させてもらうことにしました。
友人の部屋に着くなり、彼女は物凄い嫌な顔をして私に部屋の外で待つように言い、中に引っ込んでしまいました。
やっぱり匂いが移っていたか、という落ち込みと、そんな顔しなくても・・・とショックな思いでボーっと待っていると、
彼女は白い何かが入ったビンを手に出てきて、私に後ろを向けと言い、思いっきりそれを投げつけてきました。
「え、塩?」
その行為には覚えがあり、というか、一時期よくやる必要があった行為だったので直感でそう呟くと、
彼女は「うん」と言いながらそのあとも色んな場所に振りかけてきました。

その時まで知らなかったのですが、
どうやら彼女は「視える人」だったらしく、ちょっとグロい感じの霊が私に憑いていたのだと教えてくれました。
きっと神社に着いたのも、私の本能がそっちに助けを求めたんだろうとのことで、
すぐに彼女に付き添われて再度神社に行き、お札を購入しました。
更に、部屋を出る時にお塩も分けてもらい、さっさと帰って寝なさいと自宅まで送ってくれました。
お札も貼り方があるとかで、彼女が貼ってくれました。
すると残り香のような匂いも嘘のように消えて、本当に感謝しました。
しかし、それは始まりにすぎなかったのです。

部屋にいる時も、何となく焦げ臭い匂いを感じ、その晩は大抵、匂いが関係していそうな変な夢を見ます。
自分視点ですが、例えば戦時中の混乱の中で誰かと逃げ惑い、生き別れ、または死に別れる場面で目が覚めるのです。
潮の匂いがする気がしたときは、溺れて死んでしまう夢など・・・。
あまりにも生々しすぎて大泣きして起きる事はしょっちゅうでした。
また、仕事で外に行くときが一番大変で、お部屋と違ってお札がないからか、
最悪な時は電車の中で戻しそうになり途中下車して遅刻をしたりして
しばらく休職する羽目になるなど、実生活にも影響が出て大変な思いをしました。

その後、例の友人と一緒に魔除けの香りや石など探しまくり、やっと自分に合う魔除けのアロマを見つけて
匂いが近づいてくる気配がしたら慌ててその匂い付きハンカチで鼻をふさぐ、という事で何とかやってきました。

しかし、夢は相変わらず見るし、匂いも完全に消せるわけじゃないので、
対処に未だに困っています。
匂いと夢はどう対処するのが正解なのか分からず、
同じ経験をしている方がいるかどうか、怖い話を色々聞いています。

もし似たような経験をお持ちの方がいらっしゃったら
対応策とか教えていただけると助かります。
匂いだけで視えないので、想像ばかり膨らみビクビクしている毎日です・・・。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

謎の飛行物体

名医

無月の水無月

頭の上の数字

テレビの裏