消えかけた妹

今から書かせて頂くお話は、幼少の頃の記憶を手繰り寄せた物なので、正確な記憶をそのまま書いた、とは言えません。

また、かくれんぼ中のお話なのですが、本当はもっと大人数で、メンバーも増えたり減ったりしておりました。

そのため、起こった不思議な出来事は事実ですが、その他の流れなど、記憶も曖昧であるため、創作で書いております。

それでも良いと言う方は、是非読んで下さると嬉しいです。

「消えかけた妹」

これは、私が7才、妹が3才頃の出来事です。

私の同級生のお友達、Kちゃんが家に遊びに来て、妹も入れて3人で遊んでいた時の事。

その日は、家に母のお客様が来ていたので、私達は裏庭で遊んでいました。お世辞にも広いとは言えない庭でしたが、幼い私達には十分なものでした。

「かくれんぼをしよう!」

Kちゃんの提案で、私達は

“隠れるのは裏庭だけ”

と言うルールを作り、かくれんぼをはじめました。

言い出しっぺのKちゃんが鬼になり、私は小さな妹を1人にするのは危ないと思い、2人一緒に隠れられる場所を探しました。

当時、母が使用済みのオムツをまとめて捨てるために使っていた、子供なら2人余裕で入れる大きなポリバケツが置いてあったので、私達はそこに隠れて

「もういいよー!」

と言いました。

私達はバケツの中で手を繋ぎ、体を密着させて、Kちゃんがあちこち探し回る気配を、2人でクスクス笑い合って楽しんでいました。

程なくして、Kちゃんがバケツの蓋を開け

「ちーちゃんみーつけた!」

と言い、満足そうに笑っています。

ちーちゃん、とは私の事。

「えっ!?」

私は驚いて、辺りをキョロキョロ見回しました。

Kちゃんが蓋を開けた途端、妹が、消えた。

私は確かについさっきまで、蓋が開く瞬間まで。

妹と手を繋いで、ぴったり体を寄せ合っていたのに。

妹が、隣にいない。

私は焦ってKちゃんに事情を説明しました。

「えー、それ本当?」

と、Kちゃんは疑っていましたが、その後2人でどこを探しても、妹は居ません。

「本当にバケツに一緒に居たの?」

「そうだよ、本当に一緒に隠れてたんだよ!?」

「じゃあ妹ちゃん、どこに行っちゃったの?」

2人で必死に考えましたが、答えが出るはずもありません。

私達が、これはもう「大人に頼るしかない」と、母を呼びに行こうとした、その時。

「なんでおいてくの!?」

と叫びながら。

妹が、2人で隠れていたバケツの中から出てきたのです。

「「えっ!?」」

私とkちゃんは訳が分からず、妹に駆け寄って

『どこに行ってたの!?』

と言うような事を、矢継ぎ早に問いかけました。

だってそのバケツは、私が見つかった後、妹が居ないと分かっていながら、何度も蓋を開けて確かめたのですから。

当の妹は、キョトンとして

“自分はずっと、お姉ちゃんとここに隠れてじっとしていた。

一瞬眩しくなったと思ったら、お姉ちゃんが居なくなってて

「あ、お姉ちゃんだけ先に外に出たんだ」

と思って、急いで自分も出てきた。”

と、説明しました。

訳が分かりませんでした。

私とKちゃんが見た現実と妹の話では、明らかに時間軸が違っているし、そもそもずっとここに居たのなら、何故私と一緒に見つからなかったのか…。

この出来事を夕飯時に家族に話しましたが、

「まあ、大変だったけど見つかって良かったじゃない。」

と、流されてしまいました。

現在、無事大人になった妹は、このかくれんぼの事を一切覚えて居ないそうです。

朗読: THC OCCULT RADIO
朗読: 繭狐の怖い話部屋
朗読: ジャックの怖い話部屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

閉じる