243 views

助けてくれてありがとう

ぶくぶくぶくっ そんな泡の音で目が覚めた、私が小学5年の時のお話。

ある日私は小学校の音楽室の扉の前に背を向けて立っていた。
しかし、その光景は異様だった。
校舎が水の中に沈んでいるのだ。
青い視界に昇る泡。 完全に私は水中にいた。
呼吸はできるが、一緒に水が口の中に入ってくる。
そのため、息を止め、限界になったら息を吸うというのを繰り返していた。

私の小学校は北校舎と東校舎に分かれている。
その北校舎の3階に右から音楽室、図工室、家庭科室、理科室と並んでいて
その上は屋上、下は生徒の教室となっている。
屋上へ続く階段は理科室の方にしかなく、私は
「早くこの水の中から出たい、、、」と思い、足早に階段の方へ向かった。
そして、ようやく階段が見えてきたので、私は
「このまま、走っていっちゃおう!」と思い、
息を止め、ダッシュで階段の手すりを掴んだ。
しかし、いつも屋上には行かず、下の自分たちの教室の方へしか行かないため、
慣れで下の方へと降りていってしまった。
「そっちじゃないよ」
足が階段を下ろうとした時、声が聞こえた。
私はピタリと止まって踵を返し、
「ありがとう、ごめんね、✕✕ちゃん。」
と言い、階段を上った。
そして水面から顔を出し、清新な空気を胸いっぱいに吸い込んだ
ーーーーーーーーーー ところで目を覚ました。
そう、全ては夢だったのだ。

そりゃあそうだ、冷静になって考えれば校舎が水中に沈んでる、なんて津波でもない限りない。
それだけならまだしも、水中で呼吸ができるなんて(一緒に水は入るが、、)ありえない。
魚じゃあるまいし。
しかし、私はふと疑問に思った。
あの時助けてくれたのは誰?、と。
声は確実に女子で私が絶対に知っている子、のはずなのだがどうしても思い出せない。
誰だっただろうか?と思い、夜を明かした。

そして翌日の学校で分かった。
あの声はAちゃんの声だったと。
何故忘れていたのかと言うと、元々は保育園が一緒のとても仲のいい子だったのだが、
小学校に入り、他の人とAちゃんは仲良くなった。
私もAちゃんとはあまり話が合わなくなってきて段々疎遠になっていった。
でも、なぜAちゃんが?と思った。
今はもう仲良くない子がどうして?と考え、とある記憶が蘇った。
「ずーっと友達でいようね!」
保育園を卒園する時にAちゃんが私に言ってくれたら言葉。
今は全く話さないけど、あの時の約束を守ってくたんじゃないか、と考えた。

あれからもう5年以上。
現在はもうAちゃんとは別の進路に進んでいて、ほとんど顔は合わせません。
ですが、時々見掛けます。
その時は、この記憶が頭に思い出されるのです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私に起こる奇妙な出来事

ホタルになったピーコ

予知夢

建物が移動した?

取り憑かれた先にあるもの