1,469 views

誰かの声

これは、私が小学生だったときの話です。

その日は学校が休みで、特にやることも無かったので、
母、兄、私の3人で、なんとなくテレビを観ていました。
母と兄は後ろのソファーに座って、私はテレビの前で、静かに画面を見つめていました。
そのテレビではニュース番組がやっており、山道を走行していたバスが、
誤って崖から転落してしまうという事故を報道していました。
その事故では死者もでており、私は悲しい事故だなと思い、
母も「可哀想に」と呟いた声が耳に届きました。
事故現場の状況をニュースキャスターが伝え終えたところで、
亡くなられた方の知り合いだという人の、インタビュー映像に画面が切り替わりました。

その時、私は自分の耳を疑いました。
テレビ画面では、その事故についてのインタビューが行われているのですが、
その方の声とは別に、何かが聞こえるのです。
それは、女性の声でした。
「あーー…ああ…あーー…」
まるで絞り出したかのようにか細く、苦しそうな声でした。
その声を聞いた瞬間、私は背筋がサーっと寒くなり、全身に鳥肌がたちました。
そしてびっくりして、体が固まってしまいました。
「あ…あー…あーー…ああー…あーー…」
その声はインタビュー中、ずっと聞こえていましたが、
知り合いの人の話が終わり、テレビの映像が切り替わったと同時に、
ぱったりと聞こえなくなりました。
こんなこと今まで起きたことがなかったので、私は頭が真っ白になり、
しばらく身動きがとれませんでした。
その間にも、さっきの掠れ声が耳に染み付いてしまって、
頭の中で何度も繰り返し再生されました。

それは聞けば聞くほど、自分まで苦しく、悲しくなってくるような声でした。
冷静になってみると、これはテレビ側の編集ミスで、
間違えて変な声が入ってしまったのかもしれないと思いましたが、
それなら一緒にテレビを観ているはずの母と兄も、
私と同じように女性の声を聞いているはずです。
それなのに、どうして何も言ってこないのだろう。
私は、全身の血の気がひくのを感じました。

ニュースが別の特集に切り替わったところで、
私は後ろで見ていた母と兄に、さっきの声のことをそれとなく確認してみました。
母と兄は口を揃えて、
「何も聞こえなかった」と言いました。

それ以来、とくに不思議なことは起きていませんが、
今でもあの、寂しげで、悲しくなるような掠れた声は、忘れられません。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

もう一人

みんなはじぶん

​鍾馗様

エンジェルナンバー

有害多重人格

夢の中で本は読めるのか?