328 views

私に起こる奇妙な出来事

誰にも話せていない、私に起こる奇妙な出来事を、聞いて頂ければ幸いです。

私は沖縄のある島で生まれ、小さな頃から、神秘的な存在や不思議な体験を、身近に感じながら育ちました。
初めて私の身に起こったのは、小学3年生の時と記憶しております。

その日、祖母の家から我が家まで、黄昏時を歩いていました。
前を歩く弟を少し困らせてやろうと、細い横道に入り、隠れる場所を探してみました。
なんてことはないあぜ道を、ずんずん進んでいくと、そこにガマ(洞窟)が口を開いておりました。
中に入るとひんやりと涼しく、水の流れる音が暗闇から微かに聞こえ、心地よく感じました。
ガマを後にし、更に進むと、祖母の家が見えてきました。
「これは良い近道を見つけた」と思ったのですが、
後日、同じ道を進んで行っても、ガマにも祖母の家にも辿り着きません。
弟に「ガマに呼ばれたんじゃない」と言われ、この時はその言葉に納得しました。
これが、記憶する中で一番古い、奇妙な出来事です。

小学5年生の時、私は友達の家で頭に怪我を負ってしまい、
目に入る血をぬぐいながら、我が家を目指し走っていました。
細い砂利道を必死で走ってゆき、砂利道を抜けると、
さとうきび畑…ではなく、そこは家とは真逆の方向にある、親戚のおじちゃんの家でした。
必死でおじちゃんを呼び、自転車で送ってもらい、母に叱られベソをかく私を、
おじちゃんは優しく手当てしてくれました。
おじちゃんは、その一ヶ月後に亡くなってしまいました。
私達兄弟を赤ん坊の頃から可愛がってくれていた、おじちゃん。
最後に面倒見てくれたんだねと、今でも両親と話しています。

小学6年生の頃、市内で開催されるお祭りで、私は迷子になってしまいました。
人混みをかき分けながら、
両親を探していると、市内から5キロ程離れている、
海辺で開催されている全く別のお祭りに、自分が居ることに気付きました。
困り果てて泣いていると、2人の若い女性に声をかけられ、
市内へ送ってもらい、無事に家族と合流することができました。
この2人の女性、教師をしている私の母親の元教え子だったのです。
小さな島なので、偶然と言えば偶然なのですが、
当時の母は、「あんたが迷子になったお陰」と再会を喜んでおりました。

中学3年生の時、部活中の怪我で入院し、リハビリがてら病院内をヒョコヒョコ歩いておりました。
ぐるっと一周すると、2階に居たはずが、3階におり、看護婦さんに怒られてしまいました。

高校2年生の時、登校する支度をしていると腹痛に襲われ、
よろよろと部屋を出ると、仕事へ行ったはずの母親が立っておりました。
事情を説明し病院へ連れて行ってもらうと、腫瘍が見つかりました。
腫瘍が膨れ上がっており、内蔵が押し潰されていたため、
腹痛を起こしたのだと、お医者様が説明して下さいました。
後に、「車で仕事へ向かっていたはずが、いつのまにか逆走していて、
何かあると感じてそのまま家へ引き返した」と、母は申しておりました。

高校卒業後の8年間、私は本州で暮らし、不可思議な出来事も忘れて、日々忙しく過ごしておりました。
沖縄へ戻り数年経った、27歳の現在。
22時過ぎに仕事が終わり、歩いて15分ほどの駐車場にフラフラと向かっていると、
見知らぬ道を歩いていることに気付きました。
少し前には、韓国料理屋の看板が光っておりました。
曲がる道を一本間違えたかなと思い、元来た道を歩いていくと、駐車場の裏へ出ました。
時間を確認すると、仕事場を出て5分程しか経っておりませんでした。
久しぶりの感覚に懐かしさを覚えながら、あの韓国料理屋さん気になるな〜などと考えていると、
ふと、あのガマのことを思い出しました。

そして数ヶ月後の祖母の一周忌、島へと渡りました。
父に、祖母宅の近くにガマは無いかと尋ねてみると、
ひとつある、と案内してくれました。
言わずもがな、あの時のガマでした。
沖縄には、御嶽(うたき)と呼ばれる神聖な場所があるのですが、
幼き頃、私が迷い込んだガマのすぐ横には、御嶽があったようです。
御嶽の周りの自然は、人の手をかけてはいけない、とされております。
木々が生い茂ったガマは、恐ろしくも神妙な面持ちで、当時のまま口を開いておりました。
ひんやりとした空気と、暗闇、水の流れる音に、なんとも言えない気持ちになり、涙が込み上げてきました。

私の祖母は、子供の時分からこのガマで遊び、戦時中はこのガマに守られたのだと、父から聞きました。
私に起こる怪奇は、ガマか御嶽か、はたまた祖母の所業なのか。
島に在る、神秘的な力の成す技か。
私のだだの勘違いなのかもしれません。
ただ、忘れた頃に、ふとした瞬間に、見知らぬ道をまた歩く日が来ることを、楽しみにしています。

誰にも話せていない、私の奇妙な出来事が、少しでも誰かの暇潰しななれたのなら幸いです。
長文失礼致しました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

謎の飛行物体

よくわからん

爺ちゃんの墓参り

3度の臨死体験

窓を叩く傘