保育園のころの記憶

これは、私が保育園の頃の話です。
私にはAちゃんという友達がいました。
Aちゃんとはよく一緒に遊んでいたという覚えがあります。

ある日の保育園の遊び時間、廊下に一人でいるAちゃんを見つけました。
廊下には、先日描いた絵が展示されていて、Aちゃんはそれを見ているようでした。
絵は園児がひとり一冊ずつ持っている画用紙帳に描かれていて、
廊下に置かれた長机の上に、ずらりと並べられていました。
Aちゃんは絵に手を伸ばすと、画用紙帳の縁を指でなぞり始めました。
なにをしているのか気になった私が聞いてみると、
Aちゃんは「こうすると楽しいよ」と言いました。
大人になったいま考えると意味不明なのですが、
当時は「Aちゃんがいうならそうなのかもしれない」と思い、自分も試してみることにしました。
Aちゃんにならい、画用紙の角から角へすっと指を滑らすと、指先にビリッとした痛みが走りました。
驚いて指先を確認すると、紙で指を切ったようで、小さな切り傷ができています。
皆様も経験があるかと思いますが、紙で指を切った時というのは案外痛むもので、
血が出ていた驚きもあり、私はその場で大声で泣き出しました。
慌てた先生がすぐに飛んできて、私の指を水で洗い、消毒をして、ばんそうこうを巻いてくれました。
指はまだジンジンと痛みましたが、先生がなだめてくれたこともあり、
手当が済みしばらくすると、だいぶ落ち着いてきました。

落ち着いた私が園内をぶらぶらしていると、また廊下にAちゃんがいました。
しかも、先ほど私がケガをした、画用紙の縁をなぞる行為をしています。
私が「Aちゃん、それやめた方がいいよ」と言うと、
Aちゃんは画用紙の角から角まで指をすっと滑らして、その指を私に向けてきました。
Aちゃんが見せてきた人差し指を見ると、なんと、ぱっくりと傷付いていて、
そこから、たらりと血が流れていました。
驚いた私は大声で先生を呼びに行き、Aちゃんが画用紙でケガをしてしまったことを話しましたが
「そうだよね、痛かったよね。もう大丈夫だからね」と、いまいちかみ合いません。
先生は、私がケガをしたことをまた騒いでいると思っているようで、
私は必死に「違う、Aちゃんがケガをしたんだ」ということを説明しましたが、全然分かってくれません。
仕方がないので、Aちゃんを連れてきて、指のケガを見せようと思いましたが、
肝心のAちゃんがどこにも見当たらないのです。
夕方母が迎えに来たときにも、私がケガをして二回も騒いだと先生が母に言っていましたが、私は釈然としない思いでした。
保育園のころの記憶なので、この日以降Aちゃんがどこかに消えてしまったのか、
それ以降も友達として遊んでいたのか、正直、よく覚えていません。

卒園後、私は地元の小学校へ進学しました。
私の住んでいる地域は田舎なので、その保育園の卒園生はほとんど同じ小学校へ進みますが、
ある時、ふと「あれ?そういえば、Aちゃんがいない」と気が付きました。
気になった私は、母や友達に聞いてみたのですが、
誰もAちゃんのことを知らないのです。
そんなわけはないと、卒園アルバムも見てみたのですが、どこにもAちゃんのことは載っていませんでした。

大人になってから、テレビで〝イマジナリーフレンド〟というのを見たときに、
Aちゃんは私のイマジナリーフレンドだったのかもしれないなと思いました。
もしくは保育園にいた幽霊かなにかだったのか……。

当時は、怖いなんて、全く感じていませんでしたし、
今でも特に感じてはいませんが、Aちゃんが私に指の傷を見せてきたとき、
にやりと笑っていたことを思い出すと、案外悪いやつだったのかもしれません。

朗読: りっきぃの夜話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

閉じる