391 views

後悔した買い物

突然だが、引っ越しをすることにした。
今住んでいるワンルームにはもう10年以上住み続けているのだが、 おかげでモノが増えすぎて、足の踏み場もない。
せめて、ご飯を食べる部屋と寝る部屋は別々にしたい・・・。
その欲求が高まって、とうとう2Kの部屋へ引っ越すことになった。

引っ越しついでに、家電・家具も買い替えたい。
引っ越し自体は友達数人に力を借りて、自力で行うことにした。
その前に、必要な家電類は先に買って搬入する方が良いということになり、 友達と買い物に行くことにした。
まずは家電量販店に行って、テレビだ。 狭い部屋では絶対無理だった大型液晶である。
ついでにブルーレイレコーダーも買ってしまった。 新しいAV生活のスタートだ。
次は冷蔵庫売り場。・・・デカイ・・・とにかくデカイ・・・。
これまでの生活ではコンビニ弁当と外食ばかりで、 冷蔵庫をほぼ使わない生活をしてきた自分にとっては、
一般家庭向けの冷蔵庫は巨大すぎる。使いきれない。
かといって小型冷蔵庫もそれほど安くない。
迷っていると、友達の一人が「じゃあウチにあるの一個あげるよ」と言ってくれた。
友達の家は一軒家であり、2階に小型冷蔵庫があるものの、 ほとんど使っていないということだったので、ありがたく頂戴することにした。
次に洗濯機なのだが・・・これがまたべらぼうに高い。
狭い部屋で部屋干しして苦労した経験から、どうしても乾燥機付きにしたかったので、
8万円から10万円は覚悟しなきゃいけない。
「う~ん」と悩んでいると、 友達の一人がリサイクルショップを見に行かないか?と誘ってきた。

話によると、最近行ったリサイクルショップの品ぞろえがなかなか良くて、 新品同様の家電もあったという。
じゃあ、ということでそのリサイクルショップを見に行った。
・・・見に行って後悔した・・・
なぜなら、さっき量販店で13万円で買ったテレビとブルーレイレコーダーが、 ここで買えば5万円くらいで買えたのである・・・。
冷蔵庫も安い。が、これはもう友達からもらうと約束したので友達のメンツを立てるためにも無視した。
そして洗濯機。あの8万をくだらなかった洗濯機が3万円でおつりがくる・・・。
しかもキラキラステンレス槽の斜めドラムである。カッコイイ。
汚れなんかほとんどない新品同様である。
「いいじゃん、これで!」
その場で即決して買い物は終了した。

後日、買ったばかりの家電も設置し終え、友達と引っ越し作業もほぼ済ませたオレは、
心ばかりの感謝のしるしとして、ビールと焼肉をたんまり買い込んで、みんなに振舞ってやった。
深夜まで楽しく飲み食いして、いつのまにかみんなウトウトと雑魚寝していた。
どれくらいたっただろう。ドンドンドンという音でふと目が覚めた。
みんな寝ているし、テレビも消えている。 またドンドンドンと音がする。
どうやら洗面所の方だ。 オレは疲れ切った体をようやく起こし、洗面所の方へ向かった。
ドンドンドンドン、ドンドンドンドン! オレはそれを見て、悲鳴を上げてしまった。
その声を聞いて友達もぞろぞろ起きてきて・・・
「うわぁぁぁ!」とみんなが叫び、パニックとなった。
オレたちが見たものは、洗濯機に閉じ込められて、ガラスのドアをドンドン叩く子供の姿だった。
だが、次の瞬間にはすうっと子供は消え、音もしなくなっていた。
誰かが洗濯機のドアを開けて中を見ようとしたので、オレは大声で「開けるな!」と叫んでしまった。
とりあえずみんな、今見たのが夢ではなかったことを確認しながらいったんリビングに戻った。

「やべーよ、アレはマジでやべぇ」それぞれが口に出す。
「うん、あの洗濯機、やべーな。中で人が死んでんじゃないか?」
「子供が入って閉じ込められる事故があるって聞いたことがあるな」
「じゃあその霊か?」
「あのリサイクルショップ、どっから仕入れたんだ?」
「やっぱ、事故をおこした家からひきとったんじゃないのか?」
「そりゃ自分の子供が死んだ洗濯機で、また普通に洗濯なんかできないだろうしな」
「ちょっと待てよ、オレだってそんな洗濯機で洗濯なんかできないよ」
「どうする?お寺にでも持っていくか?」
「洗濯機をか?お寺に?・・・いや、どのみちもう使いたくないわ」

翌日オレたちは、結局その洗濯機を元のリサイクルショップへ持っていくことにした。
店員が言う
「返品返金はお断りしてるんですよ、でも買取という事なら可能ですよ」
「いくらで買い取ってくれるんですか?」
「3000円でいかがですか?」
なんとバカバカしい話だろう。3万円で買った洗濯機が翌日3000円になった。
だが、どうすることもできず、結局3000円で買い取ってもらうことになった。
「はぁ・・・こんなことってあるか・・・」
落ち込みながら店を出ようとするオレの耳に 店員たちの信じられない言葉がかすかに聞こえてきた。
「あれ~、その洗濯機また戻って来たんでかすか?何度目です?」
「いつもキレイなまま戻ってくるから、またすぐ売れるぞ ははは!」
それ以来、その店にはもう二度と行っていない。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

滑り台

摺り足

下校途中

なにか呪文を

二人の子供

遺影と位牌