神社の人形

友人3人と旅行に行った時の話です。

神奈川から京都に車で旅行に行きました。
行きは京都まで高速を使ったのですが、帰りは高速だと単調という意見があり、
途中で一旦高速を降りて下道を適当に走行していました。

途中の定食屋で夕食を済ませて、走行していると山の中に入っていってしまい、再び高速に乗ろうとナビをセットしました。
さらに走ると古びた踏み切りがあり、気づかず停止が遅れてしまいました。
スピードが出てたこともあり、踏み切りを通り越してしまいました。
踏み切りのすぐ先に神社があり、軽いフェンスを壊して神社の敷地内に入ってしまいました。
長時間運転してたこともあり、全員で一旦降りてみました。

暗めの明かりはついてる感じでした。
何の神社なのかもわからずボーっとしてるとカタカタと物音がします。
みんなで音に気づくと数十センチの日本人形がこちらに向かって歩いてくるのです。
驚きのあまりすぐに車に乗り、バックで元の道に戻り、ナビの案内とは別のルートをしばらく走行した後、高速で家に帰りました。

その日、眠っているとうなされて目を覚ましました。
頭に何か硬い物が当たります。
寝ぼけながら携帯で照らすと先ほどの人形がそこにあるんです。
あまりの驚きでその人形を思い切り投げてしまいました。
友人たちも家で同様のことが起きたらしいです。

その日再び集まり、朝になり、家に帰ると人形はありませんでした。
それ以来変わったことは特にないですが怖い経験でした。

朗読: 榊原夢の牢毒ちゃんねる
朗読: 【怪談朗読】みちくさ-michikusa-
朗読: ゲーデルの不完全ラジオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

閉じる