1,222 views

向こうの世界

通勤に使っている電車が一度だけトンネルを通る

風圧で窓がバーンって鳴って、ゴーッと音が響いて、耳鳴りがして

十秒ほど窓の外が真っ暗になって鏡のように電車内を映す

体調が悪い日とかたまーにそれに

自分の姿しか映らないことがある

満員電車に乗ってるはずがガラス窓の向こうは自分一人

ギョッとして辺りを見回すと、当然周りの人たちは普通に電車に乗っているだけ

最初はすごくびっくりしたけど、慣れてしまうと

また疲れてるんだな

って思う程度でわりとどうでも良くなってた

その日も、ああ、またかって感じで

自分しか映っていないように見えたんだけど……

同じ車両のけっこう離れた場所にもう一人見えた

最初っから異常な状況なはずなんだけど、それにものすごくびっくりして

思わず電車内でそっちを見ると、相手もすごく驚いたような顔でこっちを見ていた

別段オチもなくて申し訳ないけど、そんだけの話なんだ

今でもその人を駅で見かけることがあるけど

特に話しかけて確認したりもしていない

運命の相手とか?そういうやつではない、と思いたい

相手もおっさんだもの

   <了>

朗読: 朗読やちか
朗読: 怪談朗読と午前二時

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

旅する犬

惚れて憑いて来たお稲荷様

あてずっぽう

夜勤①

ここだよ

小学校の修学旅行