246 views

祟り

お宮掃除に行った。夏祭りの前の恒例行事である。

拝殿や参道の掃除はとっくに終了したが、
ご神体のの祀られている本殿の掃除が、
遅れているようだ。
このままだとなかなか家に帰れない。
今日はG1の優勝戦が有る日だ。
「ぁぁもう発走の時間が近づいている」
「さっさと済ませろよ」なんて思ったが、
声に出して言うわけにもいかぬ。
「どれどれ」
僕は拝殿の横から細い山道を登り本殿にたどり着いた。
そこには男たち3人が、本殿の周りや中の土間を掃除している。
思ったより、今年は落ち葉や木の枝が多く掃除に手間取っているようだ。
中の様子を伺うと、木で作った小さな階段があり、
昇りきったところに観音開きの扉がある。
どうやら、その中にご神体が置いてある様だ。
「せっかくここまで来たんだから、ついでにご神体も見ておこう」
扉を開けてみると、なんと中は落ち葉だらけだ。
落ち葉に埋もれたように、白くて長い布キレに巻かれたご神体が見える。
ご神体の正体は・・・・・・・・・言わない・・・・・・・それなりの訳があるからだ。
男たちはご神体の周りの、落ち葉やこうもりの糞などを掃除しようと、
ご神体を持ってずらした、さらに、巻いてある、布きれを解いて、汚れを落とし巻き直して
どうにか、掃除は完了した。
めでたしめでたし・・・。
その夜、
僕が寝ていると、天井から、クモがスーツと糸を伝い降りてきた。
そして、いきなり僕のまぶたを刺した。
クモにまぶたを刺されるなんて、恐らくめったに無い経験だと思う( ̄Д ̄;;。
その痛さと言ったら、、ほんと「突き刺すような強い痛みが、延々と続く」と言ったら解ってもらえるだろうか??
一刺しされても、この痛さである。
クモはさらに僕を刺そうと身構えた。
そのとき、黒い物体がサッとクモに飛び付いて、僕から遠ざけてくれた。
愛する猫、みぃチャンである。
しかし、クモにかまれた痛さは時間と共に減るどころか、ますます痛くなってくる。
僕は失明の危険さえ感じた。
あわてて病院へ、
夜中だから、まして救急車に乗ってきたわけでも無いから、
ナースものんびりしたもの、
医者も一時間以上待たせてから来た。
診察しても、痛み止めを注射してくれるわけでもなし、
「今時は目薬のような、麻酔なんかもあるはずだがな?」
でも何にもしてくれない。
アルコールで拭いてから、申し訳程度に痛み止めをくれたが、効くはずも無い。
なんとこの激しい痛みは、きっかり24時間続いた。
「やぶ医者め」
痛みも治まり、ふと枕元を見ると、巨大なクモが、死んでいる。
胴体だけで大豆とソラマメの中間ぐらいの大きさだ。
そしてクモからは赤い血が出ている、、、
「おかしいな?クモって潰しても灰色の液体が出てくるだけなんだが・・」
その後、仕事で、隣町の人と一緒に働く機会があり、
ひょんなことから、神社の話になった、
さらに、ご神体の話に発展し、
「ご神体を見てはいけないよ」
「ご神体を見たら、目がつぶれるよ」
と教えてくれた。
僕・・・( ̄Д ̄;;、、( ̄Д ̄;;。
なお、一緒に、ご神体を触ったり見た人は、
ひとりは、怪我して入院し、
もう一人は、家族がが病気になって長期入院した。
さらにもう一人は、程なくして、家族が急に亡くなった。。
神はご利益と、祟りが一身同体。一つの体。
ぼくはそう信じている。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ルールの意味

換気扇

ションベン坂

マイマイさま

それでやめました。

呪いの宝刀