214 views

踊る人影

引っ越しを終えて友人はやっと事の顛末を話し始めた。
疲労感と達成感の中、新しい部屋で私も友人も床に足を投げ出して座っていた。
友人は実家暮らしから初めての一人暮らしを始めたばかり。
安くて職場に近いアパートを見つけ喜んでいたのはつい最近の話だ。
そうしてアパートでの生活が始まり、彼は羽を伸ばしていた。
「日曜日に買い物して帰ってたらさ、自分のアパートが見えてきたわけよ」
そう言って友人は少し眉間にシワを寄せる。
嫌な事を思い出すように彼が語ったのは以下のような話だった。

路上からぼんやりとアパートを見ると自分の部屋の窓に人影がある。
驚いて凝視する。アパート2階の角部屋。間違いなく自分の部屋だ。
しかも消して出たはずの明かりが点いている。
「泥棒だ!」と真っ先に頭に浮かんだが、その考えはすぐに疑問に変わる。
だったら目立つ明かりを点けるだろうか?
そして何よりその動きが奇妙だ。
窓に見えるのは真っ黒な人の影で、両腕を上に挙げゆらゆら揺らし、足も交互に上げている。
それはまるで踊っているようだった。

ゾッとした。泥棒よりも得体が知れぬ影に気持ち悪さを感じた。
しかしながら何者かが自分の部屋に侵入しているのは確かだ。
友人は急いで家に帰る。
アパートに入る直前まで部屋を見ていたが、影はずっと踊り続けていた。
急いで戻ったものの、ドアの前で急に怖くなる。
犯人と鉢合わせて大丈夫だろうか? 恐る恐るドアノブを回す。
鍵は掛かっていた。鍵を開けて改めて中に入る。
玄関から続く廊下の先、リビングのドアが見えた瞬間、ドアが開き真っ黒な影がこちらに走ってきた。
それは黒い人型の何かだった。
「うわぁぁぁっ!」
友人は絶叫しながら玄関から外に転げ出る。 が、辺りはシンとした。
黒い人の姿はどこにもない。
友人が尻餅をつき呆然としていると、隣に住む男性が出てきた。
「どうしました? 大丈夫ですか?」 友人は少しホッとして事情を説明する。
すると一緒に部屋に入って確認してくれると言う。
部屋に入ると誰もいなかった。しかも明かりは消えていた。
部屋は荒らされた形跡もない。 まさに狐につままれたようだった。

「お騒がせしてすみませんでした」
友人は男性に頭を下げる。
「気にしなくていいよ。何もなくて良かった」
男性はそう言って友人の部屋を後にする。
そして玄関で隣人が部屋に帰っていくのを見送っていた時だった。
男性が両腕を上に挙げてゆらりと踊った。
「えっ!?」 目を擦る。
男性は普通に部屋のドアを開けて戻って行った。
「って事があったんだよ。もう気味が悪くてさ……」
友人はそう言って身震いした。
「何だったんだろうな、あれ」
私も何だか急に冷えるような感覚を覚えた。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

霊子ちゃんの初舞台…ポンコツ劇団行状記

お風呂

​サイジくんの宝物01/02

教室の穴漁り

貴方へ

すみません