235 views

習慣

 このお話は、小学生のころから体験していたことが、家を出て初めて気づいたお話になります。
私は小学校にあがる前に、件の家に引っ越してきました。
ある不思議な事に最初に気づいたのは、引っ越してすぐだと思います。

私には双子の兄がおります。
引っ越してすぐから、中学生になるまで一緒の部屋で過ごしておりました。
私は子供の頃から眠りが浅く、少しの物音でも起きてしまう体質でした。
その日はいつものように眠る時間になり、両親に「おやすみなさい」をして2階の自室へ兄と向かい、
布団に並んで入り、うとうとしながらいつの間にか寝ていると、なぜか目が覚めて、
遠くの方で小さく、ドン、ドンと太鼓の音のようなものを聞きました。
ですが眠さに負けて、次の日には忘れていました。


ですが、次の日も、次の日も聞こえてくるのです。
一週間もたてば、その時間に嫌でも起きてしまうようになりました。意識がはっきりした時、初めてその、太鼓の音が怖くなりました。
なぜなら、遠くの方で聞こえていた太鼓の音が、ドン、ドン、ドンドコ、ドンドコ、ドドドン、ドドドン、ドォーン、ドォーンと徐々に音が大きくなり、私の体の真上を轟音とともに過ぎて行くのです。

私は 次の日双子の兄に太鼓の話をしました。するとなんと、兄も私と同じ体験をしていたのです。
兄も聞いていたのだと、少し安心しましたが、兄は私と違って寝付きがいいので、時々しか聞いていなかったようでした。
ある時、また同じ時間に太鼓の音が近づいてきたとき、何かいつもと違いました。太鼓の音がいつもの倍以上大きいのです。私は兄の方を向くと、なんと私の枕に、白い手首から上だけの手が置いてあったのです。
私は兄を揺さぶりお越し、兄も太鼓の轟音に気づいて、二人で絶叫して階段をかけおりて両親に泣きつきましたが、私の両親は真面目で厳しく、全く話を聞いてくれませんでした。
それからも何度か両親に助けを求めましたが、一度も取り合ってくれません。私たちは毎日耐えるしかなかったのです。

時が過ぎ、私が小学3年の時、学芸会で「カルメン前奏曲」と言う曲を合奏しました。学芸会が終わった後、兄は友達の家にお泊まりに行き、私一人で寝ることになりました。
私はまだ太鼓の音に悩まされておりましたので、「太鼓の音がカルメン前奏曲だったらいいのになぁ」と思いました。

その夜、いつもの時間になるとふと目覚めて、あぁまたこの時間かと待ち構えていました。すると、いつもの太鼓の音ではなく、なんと、カルメン前奏曲が大音量で流れたのです!私は嬉しくなって、「もう全然怖くない、これなら毎日聞いてもいいなぁ」と思いました。そしてこれが、私が聞いた最後の日でした。どういう訳かそれから兄も太鼓の音が聞こえなくなったのです。


月日が流れ、中学3年生になったときです。私はふと気づきました。夜10時になると、なぜか不安になり、なぜか毎日水を飲みに1階に降りていたのです。不安、と言うのは、部屋のどこにいても、大勢の気配が近づいてくる感覚です。空気中の静電気がざわざわと私の肌に触れるような、風もないのに大きな風が遠くから近づいてくる感覚。
私は無意識のうちに、毎日特定の時間に部屋にいなかったのです。

そのまま高校を卒業し、私と双子の兄は家から出ました。
5年ほどたって、両親も私の職場の近くに引っ越してきました。同じ地区に住んでいた一番上の兄が遊びに来たとき、ふと私は太鼓の音を思い出しました。あまり鮮明に覚えていなかったので、両親と兄に太鼓の話をすると、
一番上の兄が、「そういえば太鼓の音がうるさいって泣いてたなぁ」とつぶやきました。
私はその時初めて太鼓の音と、水を飲んでいた習慣が一つにつながりました。
太鼓の音と、水を飲んでいた時間が同じだったのです。音は聞こえなくなっていましたが、目に見えない大きな気配が毎日通っていたのです。

きっとこれがいわゆる「霊道」と言うものだったのでしょうね。
皆さんも、いつも続いてる何気ない習慣に目を向けてみてください。
いつも避けてしまう道路や、時計をみたらいつも同じ時間。
きっと何か真実が隠れていますよ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

集団下校

呪いの宝刀

笑いかけるなにか

山の音

見知らぬ家族