294 views

ひろし君

私が小学校2年生の時に、私と母で、ひろし君の家に遊びに行った。

ひろし君の家は、小学校をはさんで、丁度反対側にあり、少し遠かったが、母と手をつないで歩いて行った。

ひろし君とはクラスが同じで、とても仲が良かった。学校でもよく遊んだが、親同士も仲が良かったと記憶している。

ただ、ひろし君は、身体が弱く、いつも真っ白な顔をしていて、学校を休むことが多かった。

学校が早く終わった平日の午後、母と二人ひろし君の家に着いて、親達は、茶の間でお茶を飲みながら話し、私達は、隣のひろし君の部屋で、二人でゲームなどをしながら楽しく遊んだ。いろいろなルールが増えてゲームが盛り上がり、私達は、大声ではしゃぎながら、夢中になって遊んだ。いつもは、痩せていて病弱なひろし君だったが、この日はとても元気で、転げ回って、おなかを抱えながら、笑っていた。しまいには、机の上からジャンプして、思う存分遊んだ。

本当に楽しくて、帰る時間があっという間にやってきた。

ひろし君も私もブーブー文句を言いながら、仕方なく、

「あした、学校でまた遊ぼう。」

と言って、バイバイした。

翌日、ひろし君に会うのを楽しみに学校へ行くと、ひろし君は、学校に来ていなくて、朝の会の時、先生から、

「ひろし君が、きのう、病気で亡くなりました。」

と聞かされた。

私は、とても驚いて、泣きながら家に帰った。母に、

「ひろし君ときのう、遊び過ぎて、具合が悪くなったの?」

と聞きました。すると、母は、

「きのう、ひろし君とは、遊んでないよ。ひろし君は、病気で入院してたから、遊べないよ。」

と言うのです。

それは、おかしい。ぜったい遊んだのに、夢じゃないのに、

私以外、誰も覚えていなかった。

朗読: 繭狐の怖い話部屋
朗読: ジャックの怖い話部屋

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

前世のトラウマ

偽坊主の末路

予知夢

保育園のころの記憶