319 views

リセット(龍神様)

霊感らしき物が何もなかった頃の話。

私は呉服店で働いていた。

仏事用品コーナーの白い数珠にハタキを掛けていた時、数珠にヒビが入っているのを見つけた。

あれ?割れてる。不良品だ。

何も疑わず 店長に報告し、返品してもらう事になった。

次の日、数珠にハタキをかけると、 目の前で数珠にピキッとヒビが入った。

え?何?と思った。

私はすぐに上司には報告せずに、様子を見る事にした。 胸騒ぎがしたし、二回目だったから。

自分が壊したのか確かめようと思ったのだ。

次の日、ハタキを持って数珠の所に行った。

ヒビの入っている場所を確かめ、私はハタキをかけた。

その後じーっと眺めていると、ピキッとヒビが入った。

ヤバいと思った。

これは、私が原因だと確信した。

私は店長の所に数珠を持って行き不良品である事を報告した。

店長は「また?縁起が悪いね。」と、苦笑いしながら返品手続きをしてくれた。

絶対に何かある。

数珠にヒビが入る位だもの。

このままじゃ安心して働けないし、もっと酷い事が起こるかもしれない。

私が婆ちゃんに連れられて行っていた【ほうえん様】は亡くなっていた。

私は知人や友人に【ほうえん様】を知らないか聞いて回った。

(ほうえん様=拝み屋、霊能者、霊媒師)

知り合いから【龍神様】という良く当たる霊能者の様な方の話を聞き、龍神様に予約をとった。

予約当日、時間通りに龍神様の家に行くと、家の裏から農家のおばちゃんが来た。

「こんにちは」私が挨拶をすると、 「いらっしゃい。今着替えるから待ってて」と家に通された。

六畳間に座布団が敷いてあった。

暫くそこで待っていると「こちらにどうぞ」と、巫女の衣装に着替えたおばちゃんが、奥の部屋に通してくれた。

奥の部屋には祭壇があり、神様が祀ってあった。 私は祭壇の前に座り、数珠が割れた話をした。

おばちゃんは「うんうん」と聞いてくれた。 名前と生年月日のメモをとり祭壇に置いた。

霊視する様に黙って私を暫く見ると、おばちゃんは顔をしかめて言った。

「あなたの上に、人がいっぱい。人の上に人が、折り重なって山になってる。」 そういって、両手を広げて山を作って見せた。

「え?私、大丈夫なんですか?」おもわず聞いた。

おばちゃんは 「大丈夫じゃないね。えーっとね、 組み体操の一番下の人みたいになってる。」 と言った

「えー!?なんにもかんじないんですけど・・いるんですね。」生々しい想像が働き私は青くなった。

「とにかく、今から元の場所に帰ってもらうから。」

おばちゃんは、龍神様に祝詞をあげはじめた。

途中に休憩をはさみ、二回に分けて御払いをしてくれた。

御払いが終わると

「ちゃんと帰ってくれたから良かった。 貴方、優しくて欲がないから、頼られたんだよ。出来ない事や嫌な事は、ハッキリ断りなさい。でないと、また頼られるよ。」

と言われた。

欲とは【欲深い】みたいな意味ではなく、 生きるエネルギーだそうだ。

確かに《普通が一番》がモットーでインドア派の私は、 エネルギーが弱いかったかもしれない。

「あの、私に憑いてた人達は、元の場所にもどったんですか?」

「もどったよ。」

「元の場所に居るんですか?」

「いる。同じ人が付かない様に御守りね」 と、御守りをもらった。

私に憑いていた霊は、元の場所に戻った。

成仏もせず、迷ったままで、居場所もない。

元の場所にもどった彼等は、 新しく憑いて行く人を待っている。

朗読: 繭狐の怖い話部屋

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

迷い入るモノ

母さんには見えてたのかな…

○藤さん家はどこですか

【第一夜】存在感

よく見える人