524 views

天使が生まれた日

太陽は西の海に沈みかけている。

私は、砂浜で娘と手を繋ぎそれを見ていた。

波打ち際に、瓶が一つ落ちている。

一人の美しい女が、瓶に向かって歩いている。

「お父さん。あの人はなんで泣いてるの?」

「悲しいことがあったのさ。」

私がそう答えると、娘は立て続けに迫ってきた。

「お父さん。あの人の羽根、どうして片方しかないの?」

天使が生まれた日。世界中の人がそれを喜んだ。

人が生み出した天使は、子のいない夫婦に預けられ、人と同じように育てられた。

高潔な魂をもつ天使は、誰よりも清く優しく育った。

世界中の人が、暖かい目で天使の成長を見守っていた。

しかし、天使を生み出すために、多くの犠牲を払った。

天使になれなかった実験体達。

彼女達は堕天使と呼ばれるようになった。

「彼女はね、罰を受けたんだ。」

「罰?悪いことをしたの?」

「人に恋をしてしまったんだ。」

「いけないことなの?」

「いけないことさ。」

ある研究員が、堕天使の一人と恋に堕ちた。

研究室から逃げ出した彼らは、すぐに捕まった。男は処刑され、遺体は灰になった。

堕天使は、片方の羽根を切り落とされ、二度と飛べなくなった。

「かわいそうだよ。だって、恋はステキなことだってお母さんから聞いたよ。」

あの女…余計なことを。

男の亡骸が詰まった瓶を堕天使が抱きしめた時、太陽が海に沈んだ。

海辺に、銃声が鳴り響いた。

見せしめの処刑だった。

背後から撃たれ、堕天使は膝から崩れ落ちた。

それを見ていた、娘の中の何かが壊れた。

「先生、遺体はどのようになさいますか。」

「火葬して、同じ瓶に入れてやれ。おい、そこのお前。車のエンジンをかけろ。今夜は少し、冷えるからな。」

背後にいた黒服達は、その場から去って行った。

二人きりになり、娘を見ると

表情を失い、人形のように立ち尽くしていた。

私はその姿を見て、身体中が震えるほどの興奮を覚えた。

天使が誕生して、5年。

彼女は誰よりも、美しい。

羽根を潰さぬよう、後ろからそっと抱きしめた。

そう、これは見せしめだ。

私が作り上げた本物の天使。

耳元に口を寄せ、私はそっと囁いた。

「ずっと、お父さんが守ってあげるよ。」

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

すっとん便所

爺ちゃん

旧犬鳴隧道の怪

消える看護師

狩り宿の男-2-(※犬注意)

真夏の悪夢