1,550 views

ブランコ

息子はとてもブランコが大好きな様だ、
最近保育園から帰ると必ず『ブランコ行く!』と、手をつなぎ、団地の間を通り抜け公園へ、
でも息子は、ブランコでは無くシーソーや、滑り台に乗り砂場で遊んで、団地に灯りが灯る頃一緒に帰宅するのが日課だ。
ある日の公園からの帰り道、きっと息子は、シーソーか何かをブランコと勘違いしているのかと思い、団地の間に差し掛かった頃息子に、聞いてみた。

『ユウジ、ブランコってどれの事を言っているんだ?』

息子は、団地の一部屋を指差し、『あれっ!ブランコ!』と嬉しそうに言った。
息子の指差した先の薄明かりの部屋には、天井からヒモで、ブラーンと、ぶら下がる二つの影がボンヤリと浮かんでいた…

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

可哀想

【人の体の部分で、どこが一番怖いですか?】

父に取り憑いた生き霊

おばけ

タクシー

さくら荘事件