293 views

晩餐

お袋が不倫を親父に見咎められた翌朝、俺と親父を置いて失踪した。
あれからもう4ヶ月が経つ。
警察も不倫相手との駆け落ちと断定し、全く取り合ってくれなかった。

あの日から、家事は親父と俺の不器用な二人で、手分けしてやっている。
そんな、ある晩、父が作った生姜焼きを二人で食べていると、親父はボソっと呟いた。

『ごめんな、料理本読みながら作ったけどあんまり美味く無いな…母さんみたいに美味く作れないな…』

と、ボンヤリ皿を見つめた…

俺は、親父を励まそうと、

『親父、何言ってんだよ美味いよ!この肉の味なんて、お袋の味そのものだよ!』

と冗談めかして言った。

すると親父は、ニタァ〜 と笑い、

『おまえ、知ってたのか?この肉がアイツの肉だってこと…』

と静かにつぶやいた。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人形

困った人々

一番怖いのは、人間

​人形の型紙

同級生の子

会場変更の理由